宇治茶

日本三大茶の一つ「宇治茶」

宇治茶は日本三大茶の一つです。日本三大茶は宇治茶、静岡茶、狭山茶です。

京都の宇治における茶の栽培は1200年初頭の鎌倉時代から始まったとされています。
豊富秀吉や千利休などに愛され、安土桃山時代に宇治茶は天下一の茶として知名度を全国に広げました。江戸時代前期には徳川幕府に献上するために、お茶壷道中(宇治採茶使)が宇治から江戸まで宇治茶を運搬しました。江戸時代中期には、現在の茶の主流製法のもとになる宇治製法が確立されます。

近年、宇治茶はお茶や抹茶として飲むだけでなく、化粧品にも使われています。人の健康と美容に非常に役に立つ原料として活躍しています。京都の宇治では宇治茶を使用したオーガニックコスメのお店もオープンしています。

宇治茶の特徴

カテキン、カフェイン、テアニン、ビタミンCがお茶には含まれています。

リラックス効果

お茶の旨味成分である「テアニン」には、リラックス効果、睡眠改善、集中力アップ、記憶力向上などの効果があります。テアニンを摂取することでα波が発生することが確認されていて、リラックスや抗ストレスに効果が確認されています。またビタミンCもストレスに対抗するために欠かせない栄養素です。

疲労の回復と眠気改善

カフェインには脳を刺激し、疲れを取ったり、一時的に記憶力や論理的思考力が向上させたりする効能があります。またカフェインは眠気を減らす働きをするので、夜に飲むと眠れなくなる人もいるので摂取タイミングには気をつけましょう。

UV対策

宇治茶エキスは、UVによる活性酸素のダメージを予防する働きが期待されています。

関連する症状・お悩み