テンニンカ

ジュースやジャムの原料テンニンカ(天人花)

テンニンカ(天人花)は東南アジアの熱帯地方や亜熱帯地方が原産で、沖縄などで野生化しています。フトモモ科の常緑低木で、ピンクの花を咲かせます
中国名で桃金娘(トウキンジョウ)と呼ばれる植物で、多汁で甘い果実はジュースやジャムの原料として使われます。

テンニンカ(天人花)の特長

紫外線のダメージを抑制

テンニンカから抽出されるエキスに、紫外線による肌のダメージを抑制する働きが発見されています。
肌の環境を整え、肌ケアする化粧品に含まれる他の成分をサポートし、紫外線による防衛・修復機能を高めるような効果が期待できます。

関連する症状・お悩み