ハトムギ

美肌効果があると注目されているハトムギ

ハトムギはイネ科の穀物で、古くから栽培されている作物です。

  • 学名:Coix lacryma-jobi var. ma-yuen
  • 科名:イネ科
  • 和名:ハトムギ
  • 生薬名:薏苡仁(ヨクイニン)

ジュズダマと同種で、トウモロコシと近種で、原産地はインドネシア半島付近とされています。朝鮮半島から日本に伝来したとされ、ハトムギの種皮を除いた種子は「ヨクイニン(薏苡仁)」と呼ばれ、生薬として用いられてきました。その他、当時からハトムギ茶など飲料や食品として利用されています。

ハトムギの特徴

ハトムギは、シリアルなどの食品、健康茶、漢方、化粧品など幅広く利用されています。
ハトムギ

利尿作用

ハトムギには、古くから余分な水分や老廃物を排出する利尿効果があると考えられ、利尿薬としても用いられてきました。むくみや冷えの改善にも効果が期待されています。

排膿作用による「いぼ取り」効果

日本では昔から「いぼ取り」の薬として愛用されています。ハトムギに含まれるコイクセノリド(コイクセノライド)という成分が腫瘍に抑制作用があり、排膿作用を促したりするため、大人ニキビやイボに効果あるとされています。また最近の研究ではガンの抑制にも効果があるのではないかと研究が進められています。

美肌効果

ハトムギの利用作用や排膿作用によるデットクス効果が期待できます。老廃物を排出し、腸の栄養吸収をよくした状態で、お肌の調子を整えることができます。ニキビ、シミ、そばかすの改善に働きかけます。