牡蠣(カキ)

海のミルクと言われる牡蠣は栄養抜群

牡蠣は食用としての歴史も古い貝の一つです。含まれる栄養素が豊富なことから、「海のミルク」と呼ばれています。
また、お菓子の「グリコ」では、グリコーゲンが豊富に含まれる牡蠣エキスをキャラメルに加え、商品化をしています。グリコーゲンは、肝臓に蓄えられ、血糖を一定に保つ為に使われ、エネルギーが消費されると糖質を供給する働きをします。子どもたちのエネルギーにおいて欠かせないグリコーゲンをお菓子に加えたグリコの愛情を感じます。

カキの特長

(生産地、食材として、栄養として)
グリコーゲン、全ての必須アミノ酸を含んでいます。必須アミノ酸は、体内で作り出すことはできないので、摂取していく必要があります。さらにこの必須アミノ酸には9種類全部の必須アミノ酸が揃わないと効果を発揮しません。
そのほか、ビタミンやタウリンや亜鉛などのミネラルを豊富に含む牡蠣。
牡蠣に非常に豊富に含まれているタウリンは、肝臓に働きかけ、アルコールの分解を助ける作用をします。