マンゴージンジャー

形はウコン、香りはマンゴーの「マンゴージンジャー」

マンゴージンジャーは、ショウガ科ウコン属の香辛野菜。根茎部分は太く円筒状で、生姜よりもウコンに近しい植物です。マンゴーのような香りと生姜の風味を持つことから、マンゴージンジャーと呼ばれています。原産地はインド。

マンゴージンジャーの特長

マンゴージンジャーの抽出物はテルペン類を含んでいます。
このマンゴージンジャー抽出物は、脂肪の蓄積を防ぎます。
消費されないエネルギーが蓄積されると中性脂肪となり、脂肪細胞内に蓄積されます。マンゴージンジャー抽出物は、脂肪細胞内に蓄積された脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解し、エネルギー源として消費できる状態にする作用があります。

関連する症状・お悩み