植物由来乳酸菌

日本人になじみのある「植物性乳酸菌」

乳酸菌とは、糖を代謝して乳酸を生成する細菌の総称です。乳酸菌は「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」の2つがあります。植物性乳酸菌は、植物から分離された乳酸菌なので植物性乳酸菌(植物由来の乳酸菌)ということになります。主に植物に含まれる糖(ブドウ糖・果糖・ショ糖。麦芽糖など)に作用し、乳酸発酵を促し、発酵食品を作ります。

例えば、味噌、漬物、納豆、後発酵茶、キムチ、ザーサイなどの植物を母体に行う発酵を植物性乳酸菌と言います。また、ヨーグルトなどの発酵にも植物性乳酸菌は使われ、植物性乳酸菌ヨーグルトなどは人気の商品となっています。

植物性乳酸菌の特長

植物性乳酸菌は、栄養源が乏しい環境で生き抜く力を持っています。動物性乳酸菌は乳糖など栄養素が多い環境を好むのに対し、乳糖以外の様々な糖の発酵が可能です。植物性乳酸菌は漬け物などの塩分・酸分などが多い環境でも育つ強さがあり、胃酸にも負けずに腸にまで届くことがわかっています。また様々な種類の乳酸菌があり、およそ30種類を超えます。

植物性乳酸菌は腸の環境を悪玉菌が苦手な酸性環境にします。そうすることで腸内にビフィズス菌など善玉菌を増やし、便秘改善に貢献します。
また、腸内環境を良くすることで新陳代謝も良くなり、ダイエット効果があるとされています。植物性乳酸菌は免疫力の向上にも影響を与え、アトピー性皮膚炎や花粉症や風邪の改善、ガン予防にも効果があるという研究結果が出ています。