ブラックジンジャー

タイ原産のブラックジンジャー

ブラックジンジャー(黒しょうが)の原産地はタイ。現地のタイでは、クラチャイダムと呼ばれています。1000年以上前からタイでは親しまれ、健康維持に効果があるとされ、重宝されています。日本では沖縄で栽培されています。

ブラックジンジャーの特長

ブラックジンジャーは、フラボノイドを多く含んでいます。フラボノイドとは代表的なポリフェノールです。フラボノイドは、殺菌作用や高血圧予防といった効果があります。
そのほか、アルギニンや、BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)やトリプトファンなどの必須アミノ酸や、非必須アミノ酸のアスパラギン酸など有効成分が豊富に含まれています。

アルギニンによって代謝を上げ体温を上げることからダイエットや冷え性改善としても期待されています。