サンザシ

ピラカンサスと似ている違うサンザシ!

サンザシはバラ科サンザシ科の植物で、中国やヨーロッパが主な産地です。世界中で愛されているサンザシは色々な呼ばれ方をしています。

  • 和名:山査子
  • ヨーロッパ:Mayflower
  • アメリカ:Hawthorn

サンザシは各地域で地域性を持って使われていますが、主にハーブ(生薬)・漢方薬・食品として利用されています。日本でも栽培されていて、盆栽として観賞用としても栽培されています。
サンザシの果実は、日本では生薬・果実酒・ドライフルーツなどによく使われています。サンザシはそのままでは酸味が強いので、ジャムや果実酒に加工食品に利用されます。
また、よく似ているのがピラカンサ(別名:ピラカンサス)で、ピラカンサはバラ科トキワサンザシ属トキワサンザシを指すことが多いです。

サンザシの特長

古くから漢方処方成分しても利用されてきたサンザシ。ビタミン・ミネラル、食物繊維、アミノ酸、ポリフェノール、サポニンが含まれています。
豊富なビタミン・ミネラルが含まれているので、美容効果が期待できます。また、水溶性食物繊維は、腸内の環境を整えてくれ、便秘の解消や消化不良の改善につながります。
ポリフェノールの一種であるカテキンも含まれていて、その量は赤ワインの8倍です。カテキンには抗酸化作用があり、アンチエイジングや血液サラサラ効果に力を発揮します。

サポニンはコレステロール低下作用があります。

運動前にサンザシドリンクを飲むと抗酸化作用で、疲労が取れやすいでしょう。

五味

甘・酸