フランキンセンス

古代エジプトで神に捧げられていた香、フランキンセンス

フランキンセンスは別名、オリバナムや、乳香(にゅうこう)とも呼ばれています。
フランキンセンスは、白色もしくは薄いピンクの花を咲かせる木です。木の内側に樹液が蓄えられていて、木の皮を薄く削り取っていくと、緑色の木肌、茶色の肌があらわれ、中から白い樹液がにじみ出てきます。これがフランキンセンスの樹脂です。


樹脂を水蒸気蒸留したオイルがフランキンセンスとして使用されています。

フランキンセンスの歴史

フランキンセンスは、古代エジプト時代から、宗教儀式などで広く使われてきました。イエス・キリスト誕生の際にも、東方の三賢者がイエスに捧げた贈り物のひとつとして、フランキンセンスが含まれています。フランキンセンスは、長い歴史の中でとても神聖なものとして扱われてきました。

フランキンセンスの産地

フランキンセンスは、アラビア半島のオマーンやイエメン、東アフリカのソマリア、エチオピア、ケニア、エジプトなどに自生しています。

フランキンセンスの特長

フランキンセンスの香り

柑橘系がまざったようなスパイシーな木の香りで、とても良質な印象です。

身体への効果

フランキンセンスには、鼻や喉の炎症を抑え、咳や気管支を鎮める作用があります。身体全体を温めてくれるので、冷え性を改善する効果もあります。
皮膚の乾燥を防ぎ、再生を促す作用もあります。肌にハリとうるおいを与えてくれるので、しわやたるみが目立つ肌や乾燥肌に悩む女性、アンチエイジングが気になる女性にはおすすめのオイルです。毛先に使用することで、髪の毛のぱさつきも抑えてくれます。

メンタル面への効果

フランキンセンスの香りには、メンタルを落ち着かせる効果があります。不安になった心を平常に戻し、呼吸を深くして、精神を落ち着かせてくれる香りです。同時に集中力を上げたいときにも使用できます。
フランキンセンスは、ヨガや瞑想のときにも多く使われています。