DHA

DHAでは頭は良くならない?!

DHCはドコサヘキサエン酸と言われ、Docosahexaenoic acidの略称です。不飽和脂肪酸のひとつで、EPAやDHAはともに体内では作ることのできない必須脂肪酸の一つ。EPAは血液をサラサラにする効果があり、動脈硬化や心筋梗塞などを予防すると言われています。しかしDHCに関して言えば「頭が良くなる」と一時期マスコミなどで取り上げられていたが、科学的な根拠は未だに乏しい状況です。

DHAの特長

不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられます。多価不飽和脂肪酸には、n-3系(オメガ3)脂肪酸、n-6系(オメガ6)脂肪酸があります。

DHC(ドコサヘキサエン酸)は、n-3系(オメガ3)脂肪酸に分類されます。他には必須脂肪酸のα-リノレン酸、エイコサペンタエン酸(EPA)がn-3系(オメガ3)脂肪酸にあたります。

n-3系脂肪酸が不足すると、発育不良、皮膚炎、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、学習能力・集中力低下になります。
つまり、DHA・EPAともに摂取し、血液がサラサラになり、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の予防になり、血行が良くなることで集中力が上がるということは言えるでしょう。しかし、DHA単独で「頭が良くなる」というデータはなく、結論づけることは難しい段階と言えます。

関連する症状・お悩み