ウコン

ウコンの世界一の生産地はカレーで有名なインド!

ウコンはショウガ科クルクマ属で50種類ほどあります。ウコンの世界一の生産地は「カレー王国」のインドです。インドだけでも30種類を超える新しいウコンの品種が作られています。インドや中央アジアでは、2000年以上も前からウコンの栽培を始めていて、主要なスパイスの一つです。ウコンはカレーに使われるスパイスでもあります。

ウコンの特長

50種類ほどあるウコンですが、主に使われているウコンは3種類。
・春ウコン(和名:キョウオウ)・・・精油成分、ミネラルが豊富。白色の花を咲かせます。
・秋ウコン(和名:ウコン)・・・クルクミンが豊富。ピンク色の花を咲かせます。
・紫ウコン(和名:ガジュツ)・・・胃腸に優しい精油成分が多い。紫の花を咲かせます。
ウコンには約5%前後の精油成分(エッセンシャルオイル)、と約5%前後のポリフェノール類(クルクミン)が含まれています。