アルニカ

スポーツ選手が疲労回復で使うアルニカオイル

アルニカは、キク科アルニカ属の多年草の植物で、ヨーロッパの標高7002900mの山岳地帯に生えています。
高さは25〜60cm程になり、6〜8月に鮮やかな黄色の花を咲かせます。
ヨーロッパでは、古くらか捻挫や打撲などの怪我に効果があるとされ、薬用として用いられてきました。

アルニカの花の部分から精油(エッセンシャル)を抽出し、アルニカオイルとして使われています。筋肉痛や打撲、ねんざ、外傷に効能があり、スポーツ選手に愛用されています。それ以外では医療用軟膏、化粧品にも含まれています。食用として適していません。

アルニカの特長

アルニカチンキとして医薬品(パップ剤、歯磨き)に配合され、活用されるとともに、化粧品分野においても、汎用されています。 成分としては、セスキテルペンラクトン類、フラボノイド類を含んでいます。

また、アルニカの花の浸出油をアルニカオイルは、疲労回復や捻挫、打撲のケアにも有効と言われています。