ヒハツモドキ

ヒハツ(ロングペッパー)も近縁種

ヒハツモドキはコショウ科の木本性つる植物で、原産は東南アジアです。コショウの代わりに使われる香辛料「ピパーチ」、「ピパーツ」の原料になりまします。胡椒も、ヒハツ(ロングペッパー)も近縁種で、品種が異なります。
日本では沖縄県で自生したり、栽培されたりしています。

ヒハツモドキの特長

ヒハツとは品種は違いますが、成分や効能に違いはありません。

ピペリン

ヒハツモドキにはピペリンという辛み成分が含まれています。ピペリンは毛細血管を拡張させる働きがあり、血行不良を改善し、新陳代謝をアップさせます。そのため、体の温度をあげる効果があり、肩こりや冷え性や高血圧を改善します。
また、薄毛はホルモンバランスや生活も乱れなどによって頭皮に皮脂が過剰に分泌されることで、毛穴に皮脂がたまり、毛根が弱って発生します。予防としては、血流を促進して頭皮の血行をよくし、毛根に毛細血管を通して栄養を運ぶことも1つの対策です。ピペリンは血流促進の観点からED改善や脱毛予防に効果があります。

便秘の解消

ヒハツ・ヒハツモドキを摂取することで、タイツー(Tie2)が活性化されて、ゴースト血管を復活させ、老廃物を流れやすくします。血管の若返りにより、皮膚や頭皮に栄養や酸素が運ばれ、肌のハリやツヤを取り戻す効果が期待できます。