アロマを手軽に楽しむ!明日からできるアロマテラピー

アロマ
原料・成分

アロマテラピーは、アロマディフューザーなどの専用グッズがないと始められないと思っていませんか?
精油(エッセンシャル)1種類さえあれば、明日からでもアロマテラピーができるんです。

今回は、手軽に明日からでもできる簡単アロマテラピーをご紹介します。

精油1つでOK!簡単にできる、アロマテラピー

お気に入りの香りの精油を1種類用意するだけで、身近なものを使ってアロマテラピーは実践できます。
香りによるリラックス・リフレッシュ効果を手軽に楽しめる方法を知れば、アロマテラピーはぐんと身近になります。

今回は手軽にできるアロマテラピーとして、下記の4つのアロマテラピーの使い方を取り上げます。

  1. ハンカチに1滴で香りを持ち運び
  2. マグカップで簡単アロマディフューザー
  3. お洗濯に数滴使ってリフレッシュ
  4. 靴箱の臭い消しに、アロマ重曹

明日からでも実践できるアロマテラピーと、それぞれの方法にオススメの精油や選び方についても解説します。

1.ハンカチに1滴で香りを持ち運び

精油の香りを空気中に拡散させて楽しむことを「芳香浴」といいます。1番簡単なアロマテラピーが、ハンカチを使った芳香浴です。
ハンカチに精油を1滴たらすだけ。バッグに入れて持ち歩けば外出先でも楽しめますし、枕元に置いて眠る前に楽しむのもオススメです。
自宅で楽しむ場合はどんな精油を使ってもOKですが、持ち運びをする場合は、刺激の強すぎない香りを選ぶことで、他人に不快感を与えることを避けましょう。
ハンカチは、精油を使うとシミができることもあるので、シミができても大丈夫なものを使ってください。

オススメの精油

リラックス効果が高く、好感度の高いものがオススメです。風邪の流行する季節などは、軽い殺菌効果のあるものも良いでしょう。

ラベンダー

リラックスできる精油の代表がラベンダー。優しいフローラルな香りが好きだという人も多いのではないでしょうか。
アロマテラピー初心者にも取り入れやすい精油です。
ラベンダーの香りは、緊張や不安を和らげる効果があります。安眠効果もあるので、お休み前にもオススメです。

ラベンダー

ヒノキ

ウッディーな香りに癒されるヒノキ。日本人にとっては、懐かしさや安心感を感じる、とても馴染み深い香りです。森林浴に出かけたかのような、爽やかな気分になれます。
忙しい日々を送る中で、アロマテラピーで安らぎを感じたいという人にピッタリ。
ヒノキには殺菌効果もあります。

ヒノキ

ティーツリー

清涼感があるすっきりとした香りのティーツリーは、殺菌効果が高く、リフレッシュ効果のある精油です。
リラックスには向いていませんが、鼻づまりが辛い時や、風邪の流行する冬場に持ち歩くのにオススメの香りです。

2.マグカップで簡単アロマディフューザー

マグカップに熱いお湯を7分目程度に注ぎ、精油を2~3滴たらすだけ。
ふんわり香りが漂い、会社のデスクなどでも香りを手軽に楽しめます。
マグカップで簡単アロマディフューザーをする時は、飲み物用のマグカップとは、別のマグカップを使用するようにしましょう。

オススメの精油

集中力を高める香りや、リフレッシュ効果の高い精油がオススメです。

ローズマリー

くっきりとした、少し刺激のある香りのローズマリーは、アロマテラピー以外に料理などでもお馴染みのハーブです。
頭をスッキリさせ、集中力を高めてくれる効果があります。

レモン

爽やかなレモンの香りはリフレッシュ効果に優れています。日本人には老若男女問わず人気のある香りです。
リフレッシュさせながらも、心を落ち着けてくれる効果があります。

ユーカリ

爽快感のあるツーンとした香りが特徴のユーカリ。どよーんとした気分の時に使えば、気分がスッキリ。
殺菌効果や、鼻詰まりをしている時の症状を緩和してくれる効果もあります。

3.お洗濯に数滴使ってリフレッシュ

洗濯機の洗剤入れには無香料の洗剤を、柔軟剤のポケットには水道水を少しと精油を2~3滴入れます。あとは、いつものようにお洗濯をするだけ。
合成香料にはない、ナチュラルなアロマの香りを楽しめます。
洗濯に使用する場合、濃度はとても低いので心配は少ないですが、精油はシミを作ることもあるので、念のためにデリケートな衣料に使用するのは避けてください。

オススメの精油

香りを楽しむならばフローラルハーブ系、すっきりしたいならばミントなどもオススメです。

ラベンダー

ラベンダーは、古代ローマの時代にも入浴や洗濯に使われていたハーブです。ほんのりとした香りが、お洗濯に向いているので、市販の洗剤でもよく採用されています。
リラックス効果の他、抗菌作用や防虫効果もあります。

ゼラニウム

ゼラニウムは、ローズとグリーンが混ざり合ったようなフローラルハーブ系の香りです。
ゼラニウムの代表的な効果は防虫効果です。
柑橘系との相性も良いので、オレンジやレモンを組み合わせて使うと良いでしょう。

ゼラニウム

ペパーミント

爽やかだけど少しピリッと辛めのペパーミントの香りは、気持ちがスッキリして元気が出てきます。
抗菌作用もあるので、お洗濯向きです。

4.靴箱の臭い消しに、アロマ重曹

お掃除やお洗濯用に重曹を常備しているという人にピッタリなのが、アロマ重曹。
小ぶりな瓶などの容器に重曹を100g入れます。そこへ精油を20~30滴たらします。
あとは、それを靴箱や玄関に置くだけ。
蓋をすると香りがしなくなってしまいますが、重曹をこぼさないか心配な場合は、オーガンジーの布やガーゼなどをかぶせます。
精油の香りの効果は1~2週間ほどですが、重曹の消臭効果は1~2ヶ月持続します。
香りが薄くなってきたら、精油を足してもOKです。

オススメの精油

消臭・殺菌効果の期待できる柑橘系やハーブ系がオススメです。
慣れたら、シトラス系とハーブ系を組み合わせて使用するなど、アロマテラピーもちょっとステップアップしてみてください。

レモングラス

レモンに似たフレッシュな香りが特徴のレモングラス。虫除け効果があり、クローゼットや靴箱に使用するのに向いています。
同じ柑橘系のオレンジとの組み合わせをするのがオススメです。

ティーツリー

ティーツリーは、キリッとした香りで爽快感が特徴です。抗菌、殺菌作用に大変優れていることで有名です。柑橘系のレモンの他、ラベンダーとの組み合わせもオススメです。

グレープフルーツ

軽く爽やかなグレープフルーツは、アロマテラピー初心者にも親しみやすい香りです。ゼラニウムやラベンダーといったフローラルハーブの香りと組み合わせて使うと、爽やかなのに甘さもある香りを楽しめます。

お気に入りの香りを生活に取り入れるだけで、ちょっとだけ毎日が楽しくなるアロマテラピー。
是非、実践してみてくださいね。

RELATED ARTICLE