じわじわブームがきてる!広島のレモン愛が生んだ「レモスコ」

原料・成分

前回、広島のお土産でおすすめの調味料などを取り上げました。広島は牡蠣やレモンの生産量が日本一で、かき醤油やかき醤油海苔やレモスコなど、地元の原料を生かしたオススメ調味料や乾物を紹介しました。今回はその中でもじわじわとブームがきていて、instagramなどのSNSでオススメされている「レモスコ」について詳しく紹介します!

レモスコとは?

広島県はレモンの国内生産量で日本一です。そのレモンの素晴らしさを伝えようとヤマトフーズさんが開発・生産したのが「レモスコ」です。レモスコは、広島ならではの新しい調味料です。
レモスコの種類は2種類あって、ノーマルのレモスコと、ハバネロが入った「レモスRED」があります。

レモスコの開発を始めたのはなぜ?

「日本一の生産量を誇る広島のレモンを日本全国に広めたい!」と無添加の新しい調味料を作ろうと考えたそうです。

地元で採れる特産物を原料として使い、さらに原料の良さを生かして、調味料や加工品を作り、全国に知ってもらう試みは素晴らしいです。
瀬戸内海がレモンで有名というイメージで沸きますが、広島がレモンの生産で有名ということは、意外に知られていないのではないでしょうか。

スコ系調味料のブーム

スコ系調味料とは、「●●スコ」と言う調味料で、ひとかけで色々な料理に合わせられ、サッパリ感と辛さと旨味が感じられる新感覚調味です。

スコ系調味料のブームに火付け役は、2008年に発売された「YUZUSCO(ゆずすこ)」です。YUZUSCOは、福岡県柳川市にある株式会社高橋商店が生産していて、液体ゆずこしょう。北九州名産の「ゆずこしょう」を世界中の人に楽しんでもらいたいと開発されたそうです。

地域の名産を原料にし、日本中や世界中に広めていく取り組みは、「YUZUSCO(ゆずすこ)」も「レモスコ」も同じで、地域の愛を感じますね。

スコ系調味料の商品

ソースコ、しょうがすこ、アラスコ、鬼スコ、ごまスコ、かぼすこ、スコウメ、バジスコ、じゃばすこ、しょうゆスコ、醸すこ、ミソスコなどがあります。

およそ13メーカーから19以上のスコ系調味料が発売されていると言われています。

レモスコのブーム

「anan」「ブルータス」「バイヤー厳選の人気調味料&スーパーフード手帖606」などに掲載されていたレモスコ。徐々に人気となり、SNSでもよく見かけるようになってきました!

レモスコに合う料理って?

王道の組み合わせ!レモスコ×唐揚げ


出典:https://www.instagram.com/chii_ne/(@chii_ne)

レモンの代わりにレモスコを使っている方も!
レモンに含まれるクエン酸は、コレステロールを下げて、血糖値を安定させてくれるので、油の多い食べ物の消化を促進してくれます。

レモスコ×餃子

 

レモスコ×お好み焼き


出典:https://www.instagram.com/peperoncino_aya/(@peperoncino_aya)
 

レモスコ×パスタ


出典:https://www.instagram.com/miyuzou0102/(@miyuzou0102)

途中でレモスコをかけて味を変えてみても!クリーム系のパスタにもトマト系のパスタにも相性もGOOD!

レモスコ×鶏肉


出典:https://www.instagram.com/pocomiya/(@pocomiya)

鶏との相性が良く、ぎゅうぎゅう焼きや焼き鳥などにレモスコを変えて、サッパリ感と美味しさアップ!

レモスコはどんな味なの?

焼肉・焼き鳥・唐揚げ・ステーキ・パスタ・焼き魚・鍋・ピザなどにも使える広島レ
モンの万能調味料です。
酸っぱい、辛い、美味い調味料です。レモンの香りとさっぱりした口当たりで、油の消化を促進してくれます!

RELATED ARTICLE