漢方でおなじみ「陳皮」のさまざまな効果効能とは

陳皮
原料・成分

陳皮とは、温州みかんの皮を乾燥させた生薬の一種で、中国では漢方薬の原料として用いられてきました。
みかんの果皮を陰干しで1年以上乾燥させたものが陳皮(生薬)となります。

陳皮陳皮

陳皮の「陳」は古いものを意味し、古いものほど優れた薬効があることから「陳皮」と呼ばれるようになりました。
未成熟のみかんの青い皮を乾燥させたものを「青皮(せいひ)」、オレンジ色の完熟みかんの皮を乾燥させたものを「橘皮(きっぴ)」と呼びます。

陳皮は、風邪薬胃腸薬料理入浴剤薬酒などにも使われ、私たちの身近なところで活躍しています。

ここでは、陳皮のさまざまな効果・効能についてご紹介します。

陳皮の歴史

陳皮の原料となる「みかん」は、今からおよそ3000万年前のインドやタイなどの東南アジアが原産地でないかと言われています。

そして、みかんの栽培を4000年ほど前から中国で行われるようになり、その後日本に伝わったと言われています。

鹿児島県長島町からは温州みかんの古木が発見されたと言われており、日本で初めてみかんの栽培を行ったのは鹿児島県であると考えられています。

日本で本格的にみかんの栽培が始まったのが、江戸時代になります。江戸の後期まで、みかんは薬用として用いられていました。
明治時代になり、ようやく薬用目的ではなく食用目的で栽培されるようになり、その時に「みかん」という名称が誕生し、一般的に食べられるようになったのです。

それまで、みかんは「陳皮」の材料として使用されていたのです。

陳皮に含まれる成分と働き

果皮には、リモネン、テルピネオールを主成分とする精油や、配糖体のヘスペリジン、フラボノイドのノビレチンなどが含まれています。

それぞれの成分の特徴を見ていきます。

陳皮に含まれる成分の特徴

リモネン

陳皮には、「リモネン」という香り成分が含まれています。

これは、柑橘類全般に共通に含まれる成分で、爽やかな香りが特徴です。
リモネンが体内に入ると、脳内にα波が現れ、リラックス効果が得られたり、交感神経を活性化させ血管を広げて血流を良くするなどの期待できます。

テルピネオール

テルピネオールも芳香成分の一つですが強壮、鎮痛、鎮静、抗炎症などの作用があります。

リモネンの作用と合わせて風邪症状や、リラックス作用健胃作用に効果を発揮すると言われています。
また、最近の研究では、記憶力を高め認知症の予防として期待されています。

ヘスペリジン

ポリフェノールの一種であるヘスペリジン。
紫外線から果実を守るだけでなく、人間の健康にも多いに役立つことが分かっています。

毛細血管を修復・強化する作用血液のめぐりを改善する効果があります。血液を末端にまで行き届かせて体温を回復させるので、手足の慢性的な冷えを和らげてくれる働きがあることが期待されています。

ノビレチン

柑橘系の植物に含まれるフラボノイドの一種です。
ノビレチンは、血糖値の上昇を抑える効果やメタボリックシンドロームを予防する効果があるため、長寿の秘訣として注目を集めました。

他にも、アルツハイマーの予防や、アレルギーの抑制にも効果が期待されています。

陳皮の効果・効能

風邪の症状改善

陳皮は咳や痰を鎮める働きが期待できるため、漢方では風邪薬にも用いられます。

冷え改善

陳皮は血管を拡張させて血流を良くし、末梢体温を維持する効果があるヘスペリジンを含みます。特に、果肉部分よりも皮やスジ袋に多く含まれます。

みかんを食べる際には、スジはとらずに薄皮ごと食べるのがオススメです。

胃腸を調節

陳皮は、胃酸の分泌を促進させるとともに、胃から腸への排出を早めたり、腸の蠕動運動を促進させたりする働きがあると言われています。

その為、胃に効く漢方薬の多くに陳皮が配合されています。

陳皮の作り方

少し時間と手間はかかりますが、美容と健康に良い陳皮。
実は陳皮はみかんの皮があれば自宅で簡単に作れます。ぜひ一度チャレンジしてみてください。

手順

  1. みかんの皮のワックス・農薬を落とすため、農薬が溜まりやすい「みかん」のおへその部分はカットし、塩水に数時間浸します。
  2. ベランダなどの日の当たる場所でザルやネットに入れて天日干しにします。寒い時期は、夜になったら取り込み、カラカラになるまで一週間ほど干せば完成です。
    最初と比べると2~3割ほどの量になります。カラカラに干したら刻んでおくと良いでしょう。
  3. 薬味や、お茶で使う時は、ミキサーで粉末状にします。保存は、ガラスの瓶に入れて。湿気を吸いやすいため、ふた付きの密封容器に防湿剤と一緒に入れると良いでしょう。

陳皮の活用法

入浴剤として

香りも良く、リラックス効果や冷えの改善になる陳皮は入浴剤として使うのも効果大です。

陳皮をハサミで2㎝ほどにカットして目の細かい洗濯ネットに入れてお湯を入れた浴槽に浮かべましょう。
入浴剤として使う場合は、完全にカラカラに乾いた皮でなくてもOKです。

陳皮茶として飲む

急須に陳皮を小さじ1杯入れて熱湯を300㏄入れ4~5分蒸します。湯のみに注いで、お飲みください。
陳皮茶

味噌汁やお料理の風味付けにも

そのほか、味噌汁やお料理の風味付けにも使えますので、粉状にしておけば何かと色々なお料理に使えます。

普段、何気なく捨ててしまうことが多いみかんの皮ですが、実は、こんなにたくさんの美容と健康効果があるのです。
風邪の引きはじめ、冷えの解消、リラックス効果を得たい時などに、ぜひ取り入れてください。

RELATED ARTICLE

蓮根
読む

栄養豊富なレンコンの効果効能

ビワ
読む

ビワの葉エキスの効能と作り方

希少糖
読む

ダイエット効果がある!?希少糖とは何?

グルテンフリー
読む

グルテンって体に悪いの?グルテンフリーの基礎知識

ズッキーニ
読む

夏が旬の野菜「ズッキーニ」ってどんな野菜?レシピも紹介

インフォフォームチョイス
読む

インフォームドチョイスの知識はアスリートにとって必須科目です

アカモク
読む

注目のスーパーフード「アカモク」という海藻とは

ワインの健康効果
読む

女性にオススメの美容効果も!ワインの健康効果とは?

読む

アレルギーの子どもも食べられる?!栄養のある食材とレシピ4選

ノニ
読む

美容に、健康に、驚きの栄養価!奇跡のフルーツ「ノニ」 

読む

民間薬のユキノシタの驚くべき効果効能とは

明日葉
読む

女性に嬉しい効果満載!アシタバ(明日葉)のアンチエイジング効果とは?

アレルギー
読む

乳アレルギーでも食べられるチョコレートと注意点

ウェルネスフードアワード
読む

食品・健康食品産業に貢献した素材・食材は?ウェルネスフードアワード各賞発表

スキンケア
読む

夏肌の悩みを解消!メンズの肌ケア

モヒート
読む

モヒートは太りにくい?!モヒートの深い歴史と基本知識

ランニング
読む

ランニングはメンタルに効く!ランニングをすると頭と心がスッキリする理由

アロマテラピー
読む

アロマテラピーの目的とは?本物の精油と合成香料の違いは?

黒豆茶
読む

腸活で夏の冷え性を改善!オススメの飲み物と対策

冷え性
読む

現代人の夏の腸は冷えている?!腸冷えによるトラブルとは?