夏肌の悩みを解消!メンズの肌ケア

スキンケア

スキンケアというと、女性が行うケアと思いがちですが、実は男性もお肌のスキンケアは必要です!
特に、夏は皮脂や汗、紫外線やエアコンなど過酷な環境でお肌もダメージを受けます。では、どのようにスキンケアを行えば良いでしょうか?
夏肌の肌ケア対策をご紹介していきます。

男性の肌の特徴

1.皮脂線が活発でべたつきやすい

男性の肌は女性の肌に比べて約0.5mm角質層が厚いと言われています。
また、女性の約2倍の皮脂量を分泌します。皮脂量が多いのは、男性ホルモンが皮脂線を活発にするためです。
そのため、見た目もテカリがちで、ニキビなどのトラブルにつながりやすいです。

2.肌内部の水分量が少なく乾燥する

皮脂分泌が多い一方で、男性の肌は女性よりも30~40%も水分量が少ないと言われています。
額から小鼻にかけてのTゾーンは皮脂が多くべたつきやすいですが、頬から顎にかけてのUゾーンは逆に乾燥しやすい状態です。

3.シェービングでダメージを受けやすい

男性は、日常的に髭そりをするため、肌はダメージを受けやすい状態に。
シェービングの際、角質を一緒に剃りとってしまうため、細かい傷や赤み、ひりつきなどそのまま放置しておくを、肌トラブルを招く原因になります。

男性の主な肌トラブルまとめ

  • 皮脂が多い=ニキビやテカリ、臭いなどの原因に。
  • 水分量が少ない=乾燥や敏感、肌荒れの原因に。
  • シェービング=赤みやひりつきかぶれなどの原因に。

基本のスキンケア3つ

1.洗顔

肌は、花粉やチリ、埃、排気ガスや大気汚染などの汚れに1日中さらされています。加えて、夏は特に汗や皮脂も溜まっていき、肌に雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。
さらに汚れが肌に残留していることで化粧水や乳液が肌内部にうまく浸透しないためスキンケアの効果も半減します。
まずは、しっかり正しく汚れを落としましょう。

ここでは、正しい洗顔のポイント3つをご紹介します。

洗顔のポイント1

朝晩2回の洗顔を行いましょう。
洗顔のしすぎはNGです。肌に必要な油分まで落としてしまいバリア機能が低下。乾燥を招きます。

洗顔のポイント2

37度前後のぬるま湯で予洗いとすすぎをしましょう。
体温よりもやや高めのぬるま湯で、数回パシャパシャと予洗いをしておくと顔の毛穴が開き、汚れが落としやすい状態にすることができます。
洗う時は、ゴシゴシせずに顔にお湯を浸透させるイメージで。

洗顔のポイント2

洗う順番は、額~小鼻にかけてのTゾーン→顎→頬です。
ゴシゴシ洗うのは肌を傷つけるのでNGです。優しく、指先でクルクル洗いましょう。

2.化粧水をしっかりつける

化粧水の役割りは、洗顔後の肌を整えることです。
水分を肌にしっかり与えることで、過剰な皮脂分泌も抑えることができます。
また、肌が潤うことでキメが整い、ゴワつきや毛穴の開きなどの改善も。
次につける乳液クリームなどの浸透を助けます。
クリームや乳液のつけ方は、豪快にパシャパシャつけるのではなく、しっかり肌に浸透させるように丁寧に優しく馴染ませていきます。
この時、Tゾーン・Uゾーンはしっかりと馴染ませましょう。
角質にしっかり水分がある状態にしておくと、紫外線の吸収率も下がります。

3.クリームor乳液をつける

夏は、べたつくからとクリームや乳液をつけない男性も多いかと思いますが、紫外線やエアコンで乾燥し、角質はゴワつきます。
夏こそ、しっかり保湿しましょう。
乳液は油分が先行されるため、できればクリームがオススメです。
ゴワゴワした肌を、やわらかく滑らかにしてくれます。

夏の肌ケアのポイント

紫外線対策

正しいスキンケアをしっかり行ったうえで、紫外線対策もしましょう。男性は、お化粧をしないので、肌は無防備状態です。
日焼け止め、サングラス、日傘での紫外線対策は必要です。

日焼け止めを選ぶポイント

  1. テカリを抑える
  2. べたつかない
  3. 白浮きしない
  4. 保湿成分が入っている
  5. 「ノンケミカル」のものを使う
  6. 石鹸だけで簡単に落とせる

サングラスの役割と選ぶポイント

サングラスは、紫外線カットのものを選びましょう。
レンズの色が濃いからといって紫外線をよりカットしてくれるわけではありません。目から入る紫外線は、シミの元となるメラニンを過剰に反応させます。
また、若い時は角膜や水晶体が透明なので、紫外線が浸透しやすい状態となっています。若いころからしっかりをUVケアをすることが大切です。
紫外線対策が進んでいる欧米では、子どものころからサングラスをかける習慣があります。

男性が、日傘をさすのは少し抵抗があるかもしれませんが、暑さ対策にもなり日傘をさすだけでも熱中症対策になります。

男性の日傘もあり?!

日傘を雨傘兼用の折りたたみ傘がありますので、ぜひ男性の方も日傘をさす習慣をつけてみてください。

男性も美肌を目指す時代です。しっかりと正しいスキンケアを習慣化し、特にダメージを受ける夏こそ、肌トラブルが起きないよう、徹底したお手入れをしましょう。

RELATED ARTICLE

きゅうり
読む

きゅうりが脂肪を分解!?きゅうりを使ったダイエットレシピ3選

読む

パンよりごはん?食事で肥満を解消する基本知識

烏龍茶
読む

ダイエットにも効果的?!ウーロン茶の効能を知って美しく健康なカラダを手に入れよう

セカンドミール効果
読む

食後血糖値を抑えるセカンドミール効果が期待できるオススメの原料や食品

低GI
読む

低GIって一体何がいいの?ダイエットに効果的なの?

ファットローリング
読む

最近話題のファットローディング!その魅力とデメリットは?

秋バテ
読む

秋バテ注意!夏の疲れを溜めない方法&秋バテ予防にオススメの食材

岩牡蠣
読む

栄養の宝庫!牡蠣のエキスを残らず食べ尽くすには?

チアシード
読む

チアシードの効能とは?を摂取する5つのメリット

蓮根
読む

栄養豊富なレンコンの効果効能

ビワ
読む

ビワの葉エキスの効能と作り方

希少糖
読む

ダイエット効果がある!?希少糖とは何?

グルテンフリー
読む

グルテンって体に悪いの?グルテンフリーの基礎知識

ズッキーニ
読む

夏が旬の野菜「ズッキーニ」ってどんな野菜?レシピも紹介

インフォフォームチョイス
読む

インフォームドチョイスの知識はアスリートにとって必須科目です

アカモク
読む

注目のスーパーフード「アカモク」という海藻とは

ワインの健康効果
読む

女性にオススメの美容効果も!ワインの健康効果とは?

読む

アレルギーの子どもも食べられる?!栄養のある食材とレシピ4選

ノニ
読む

美容に、健康に、驚きの栄養価!奇跡のフルーツ「ノニ」 

読む

民間薬のユキノシタの驚くべき効果効能とは