民間薬のユキノシタの驚くべき効果効能とは

原料・成分

美容と健康においてユキノシタが注目されています。ユキノシタは、雪の下でも葉が枯れないことからユキノシタといわれる植物で、虎耳草(コジソウ)の別名を持ちます。最近、ユキノシタの効能に着目した化粧品メーカーが美容液などの商品を製造したり、ユキノシタを配合した入浴剤が作られたりしています。それでは、ユキノシタの特徴や効果効能を確認していきましょう。

ユキノシタとはどんな植物?

ユキノシタは、昔から何にでも効くとして民間薬として利用されてきました。
葉が「虎の耳」の形に似ていることからユキノシタは中国では虎耳草(こじそう)と呼ばれています。

昔は、今のように手軽に薬が手に入る時代ではありませんでしたので、よく効く民間薬としてユキノシタの葉のしぼり汁や、葉や茎を乾燥させて煎じて飲ますなど利用していました。

そのため、昔は家の庭にユキノシタがよく植えられていたそうです。

民間薬と漢方薬の違い
民間薬と漢方薬の違いをご存知ですか?
東洋医学で処方される漢方薬も草木などの薬用効果に期待された薬ですが、漢方薬というのは製法や用法容量など薬物療法が決められている薬のことを言います。
民間薬は、薬用効果があっても、製法や対応疾患などが細かく決められていません。
このように、ユキノシタは私たちの祖先が経験による効果を受け継ぎ伝えてきたものです。

名前の由来は花の下側に長い花弁が2枚あり、それを見て「雪の舌」という意味合いからという説や、真っ白い花を雪にたとえて「雪の下」という説などがあります。

ユキノシタ

葉は、赤色を帯びた濃い緑色で、ハート型で丸みがあり、緑はギザギザしています。
3~8㎝くらいの円形をしていて、細かい毛のようなものがたくさん生えています。
葉っぱの表面には、葉脈にそって白い班が入ります。

初夏の頃になると茎が20㎝~50㎝くらいに延び、白い花を咲かせます。
里や山の水が滲んでいるような湿った石垣や岩の間に自生します。

ユキノシタの成分と性質

ユキノシタに含まれる主な成分

  • 硝酸カリウム、塩化カリウム
    カリウムは、身体の中の余分な塩分を体外に排出し、利尿作用を促す効果があり、むくみの改善に
  • ベルゲニン
    ベルゲニンは、葉のしぼり汁にたくさん含まれるポリフェノールの一種で、抗菌作用や抗酸化作用があります。
  • アルブチン
    シミの元となる、メラニンを合成する阻止をしてくれます。近年、ユキノシタのエキスが紫外線のもたらす活性酸素による細胞の老化を修復増進する効果があると報告され肌のアンチエイジングや美白を目的とした化粧品の成分に使用されています。

ユキノシタの効果・効能

むくみを改善、予防する

むくみとは、細胞内に余分な水分が溜まってしまった状態のことで、
酸素や栄養素と一緒に運ばれなかった水分が、静脈やリンパ液の中にスムーズに回収されなかったために起こります。

むくみを予防するには、体内のナトリウムとカリウムによる水分調節をスムーズにすることが重要です。

ユキノシタには、利尿作用のある硝酸カリウム、塩化カリウムを含むことからむくみを予防・改善する効果が期待されます。

中耳炎を改善

ユキノシタは、耳の薬として有名で、地方によっては、「耳垂れ草」とも呼ばれています。

子供に多い中耳炎は、細菌やウイルスの感染により、中耳が炎症を起こしたことを言います。膿がでる中耳炎には水洗いしたユキノシタの葉を汁が出るまですりつぶし、それをガーゼなどにくるみ、しぼり汁を痛い耳の中に垂らすと良いと言われています。

明治時代の書物に急性の中耳炎には生のユキノシタの汁を垂らすという方法が載っており、臨床試験でも中耳炎に対する効果が示されています。

美白効果

ユキノシタに含まれるアルブチンには、美白作用が期待されています。
シミができる仕組みは、メラニンが黒く変化する過程で「チロシナーゼ酵素」という酸化酵素が活性化することです。

このチロシナーゼの作用を抑えることが期待されるため、黒色メラニンが生成されることなく美白へとつながります。

風邪の症状を緩和

ユキノシタは、抗炎症作用や、解熱作用があるため風邪で熱が出ている時や扁桃腺が腫れているときは煎じた液を飲用すると緩和されると言われています。

炎症を抑える

切り傷や、やけど、虫刺されやかぶれなどには葉のしぼり汁をつけると炎症を抑制する効果があります。また、痔にもよく煎出液を清潔なコットンやティツシュなどにつけて患部を優しく拭いて用いられます。

食べても美味しいユキノシタ

ユキノシタは、食べても美味しい野草です。
代表的な料理は、天ぷらですが、おひたしにしてもオススメです。

天ぷらにして食べる場合のポイント

  1. 柔らかい葉のものを使う
  2. 衣を薄めにつけて中温(150~170℃)で揚げる
  3. 葉の裏だけに衣を薄くつけあげる「白雪揚げ」もおすすめ

ユキノシタ

出典:https://www.instagram.com/soba.yuzan/(@soba.yuzan)

おひたしにするポイント

  1. 塩茹でにして多少硬さが残る程度に茹であげ、水にさらす
  2. 好みの出し汁をかけて食べる

ハーブティーとして飲む

民間薬としてその効果・効能が伝えられてきたユキノシタですが、花や葉っぱ、茎を乾燥させハーブティーとして飲むことも良いでしょう。

しぼり汁は、少し青臭くて飲みにくいかもしれませんが、ハーブティーなら飲みやすく簡単にユキノシタの効能にあやかれます。

ユキノシタの花
出典:https://www.instagram.com/saeki.keiko/(@saeki.keiko)

このように、ユキノシタにはたくさんの効果効能があります。
上手に活用して日常に取り入れてみて下さい。

RELATED ARTICLE

モトカラ
読む

モトカラ閉鎖のお知らせ

きゅうり
読む

きゅうりが脂肪を分解!?きゅうりを使ったダイエットレシピ3選

読む

パンよりごはん?食事で肥満を解消する基本知識

烏龍茶
読む

ダイエットにも効果的?!ウーロン茶の効能を知って美しく健康なカラダを手に入れよう

セカンドミール効果
読む

食後血糖値を抑えるセカンドミール効果が期待できるオススメの原料や食品

低GI
読む

低GIって一体何がいいの?ダイエットに効果的なの?

ファットローリング
読む

最近話題のファットローディング!その魅力とデメリットは?

秋バテ
読む

秋バテ注意!夏の疲れを溜めない方法&秋バテ予防にオススメの食材

岩牡蠣
読む

栄養の宝庫!牡蠣のエキスを残らず食べ尽くすには?

チアシード
読む

チアシードの効能とは?を摂取する5つのメリット

蓮根
読む

栄養豊富なレンコンの効果効能

ビワ
読む

ビワの葉エキスの効能と作り方

希少糖
読む

ダイエット効果がある!?希少糖とは何?

グルテンフリー
読む

グルテンって体に悪いの?グルテンフリーの基礎知識

ズッキーニ
読む

夏が旬の野菜「ズッキーニ」ってどんな野菜?レシピも紹介

インフォフォームチョイス
読む

インフォームドチョイスの知識はアスリートにとって必須科目です

アカモク
読む

注目のスーパーフード「アカモク」という海藻とは

ワインの健康効果
読む

女性にオススメの美容効果も!ワインの健康効果とは?

読む

アレルギーの子どもも食べられる?!栄養のある食材とレシピ4選

ノニ
読む

美容に、健康に、驚きの栄養価!奇跡のフルーツ「ノニ」