原さん一家「6月4日は虫歯予防デーの巻」〜歯の健康を考える〜

虫歯予防デーとは?

6月4日は、6(む)4(し)にちなんで「虫歯予防デー」。厚生省、文部省が、毎年6月4日から6月10日までの1週間は「歯と口の健康週間」とし、虫歯予防デーを実施しています。歯と口の健康への正しい知識を持ってもらい、歯科疾患の予防や歯科疾患の早期発見・早期治療により歯の寿命を延ばすことを、日本歯科医師会など主催団体が呼びかけています。

原一家でも虫歯発生?

歯が痛い。
料菜
万里子
あら、とうとう虫歯?
親知らずじゃないかな。
料菜
万里子
歯医者さん行って抜いてもらわなきゃ!
えーっ!ヤダー
料菜
千代
無理に抜くことはないよ。
どっちよ!
料菜

親不知って?

親不知というのは、10代後半から20代前半にかけて、上下左右の奥に生えてくる歯です。4本全部生えてくるとは限りませんし、まったく生えない人もいます。大きな歯で狭い場所にはえてくるため、多くの場合斜めになったり、伸びきれなかったりします。
そのため歯並びにも影響しますし、噛み合わせも悪くなりがちです。さらに食べ物が挟まりやすく虫歯や歯槽膿漏になりやすいのです。必ずしも抜かなければならないわけではありませんが、抜くことになってしまうことが多い歯です。

親不知が生えてきたら、歯医者さんでレントゲンを撮ってもらって、生え方を見て、どうするか決めてはいかがでしょうか。

やっぱ、歯医者さんに行くか。私、定期健診以外で歯医者さんにかかったことないんだよね、どうしよう。
料菜
千代
料菜の歯が丈夫なのは、おじいちゃんゆずりかね。80過ぎているのに、まだ自分の歯で食べているもの。
万里子
何がいいんでしょうね。歯の質なんでしょうかねえ。料菜だって、そんなこまめに歯磨きしているわけじゃないのに…
千代
近頃の子供はあまり虫歯にならないんだって。
万里子
そういえば、歯医者で子供に会うことって、ないですね。
千代
この間、入れ歯の具合が悪くていったら、虫歯の子供が少なくなっているのは、いいことだけど、大人虫歯が増えてるって。
大人虫歯?
料菜

大人虫歯・子供虫歯

歯はカルシウムでできているエナメル質とタンパク質からなる象牙質の二層構造になっています。カルシウムを溶かして虫歯菌が糖分を栄養として繁殖するのが子供の虫歯です。
大人虫歯は加齢により歯茎が下り、象牙質の歯の根元が露出しておこります。象牙質は酸に弱く、虫歯になりやすいのです。大人虫歯は痛みが伴わず気付きにくいため、歯を失うことになります。

万里子
そうなのよね。今それで歯科医にかよってるんだけど。
千代
万里子さん、歯は大事よ。私、上は入れ歯じゃない?そうなってはじめて自前の歯の凄さを思いしらされたの。入れ歯はうっとおしいのよ。
どんなに合っていても、口の中の違和感はとれないし、固いものは噛み切れないし、お餅やガムは入れ歯にくっついてしまうし、ほんと、料菜も万里子さんも歯は大事にしなさいよ。
万里子
だからね、毎食後すぐ歯磨きしてるんですけどね、歯科医の先生が、それは正しくはないって言うんですよ。
ほんと?良かった。私、朝、晩だけだから。それも食後すぐじゃないし…
料菜
万里子
その、すぐっていうのがいけないんだって。なんでも、食事中に歯のカルシウムが溶けるんですって。
溶けたカルシウムは唾液の中にあって戻るから、すぐ歯をみがくっていうことは、カルシウムを吐き出すことになるんだって。10分くらい経ってからがいいんですって。
おじいちゃん、すぐ歯磨きなんかしないよね。歯にいいことなにかしているのかな?
料菜
千代
いいかどうか知らないけど、必ずお茶を飲むわね!
それで歯が丈夫になるのかなあ?
料菜

歯に良い食べ物

  • カルシウム
    エナメル質を作る (チーズ・ちりめんじゃこ・ひじき)
  • タンパク質
    象牙質を作る(肉・魚介・卵・牛乳)
  • ビタミンA
    エナメル質の質を高める(ニンジン・レバー)
  • ビタミンC
    象牙質を良くする(みかん・いちご・小松菜)
  • ビタミンD
    カルシウムの吸収を助ける(キノコ類)
  • フッ素
    カルシウムが溶け出すのを抑えるとともに、修復を助け、虫歯菌の活動を抑える(めざし・さくらえび・緑茶・紅茶・烏龍茶)

歯に悪い食べ物

糖質を多く含む飲食物や砂糖、ブドウ糖などの糖質はエナメル質を溶かします。ただし、甘味料として甘草が使用されている場合は、エナメル質に影響はありません。

まとめ

歯の話、参考になりましたでしょうか。食後のお茶は、日本人の生活の中で習慣になっていましたが、最近ではどうでしょう。理に適ったことだったんですね。
歯はとても大切です。歯が健康でも予防のため年2回くらいの定期健診をすることをおすすめします。

RELATED ARTICLE