記憶力は食べ物で上がる?!オススメの記憶力アップ方法と食べ物

記憶力は食べ物で上がる?!オススメの記憶力アップ方法と食べ物
原料・成分
効果・効能

脳にブドウ糖が良いというのは聞いたことはあるのではないでしょうか?脳がエネルギーにできるのはブドウ糖(グルコース)だけなんです!ブドウ糖は炭水化物や糖分を分解して作られるため、脳が疲れると甘いものや炭水化物を求めるのです。

記憶力をアップするには食べ物だけで改善することも難しいのも事実です。そこで今回は、脳に記憶力をアップする試みと良い食べ物を紹介します。

食べ物で改善する?記憶力をアップさせるための試み

1.ストレスのない状態で勉強をする

ストレスとは、ストレッサーというストレスの種を、「嫌なもの」に脳が作り上げた虚構です。「夏の暑さ」がストレスという人もいれば、夏が好きな人はストレスとは思いません。
こんな状態で脳がストレスと戦っているときに、覚えたり復習したりしている余裕はなく、記憶力は自ずと低下していきます。また、次に述べる睡眠不足にもつながり、さらに記憶力を低下させるでしょう。
出典:記憶力がない 記憶力が低下している原因と改善方法についての解説|マナラボ

現代社会は情報もあふれていて、情報処理にも脳はストレスにさらされやすい状況です。適度に休息をとり、脳にストレスない環境を作ることが大切です。

脳がストレスを受けたら・・・どうする?

  • 休憩する
  • 運動して気分転換する
  • PCやスマホを見ない
  • ストレスの原因になることを避ける
  • 貧困にならないように注意する

ストレスを軽減するために、ストレスへの効能が期待できる原料を使ってみるのも良いでしょう。
ストレスへの効能が期待できる効能はこちらになります。

2.睡眠をとる

ウィスコンシン大学のジョアン・カンター教授は「睡眠は学習と創造性どちらにも重要な役割があることを研究結果は示している」と述べた。カンター教授によると、新しいことを学んだ日にとる睡眠中は、脳があるタイミングで非常に活発になる。活発化した脳は、就寝前に学んだ情報を記憶に定着させる。
出典:眠ることが成功への道 創造性・記憶力・生産性が向上する秘訣|FINDERS

睡眠はノンレム睡眠とレム睡眠に分けられます。レム睡眠とノンレム睡眠は約90分周期で
レム睡眠は脳の一部は活動していて、情報を整理し、記憶の定着が行われます。
レム睡眠の間に人は、夢をみます。ノンレム睡眠は脳が休息しています。

3.脳に良い栄養を取る

記憶力に良い栄養素として、ブドウ糖、DHAやEPAが挙げられます。また血流がよくなれば、脳の血行もよくなります。血液をサラサラにするビタミンEとCがふまれている食べ物もオススメです。逆に睡眠不足やタバコなどは血行を悪くしてしまいますので、控えた方がいいでしょう。

記憶力アップにオススメの栄養と食べ物

ブドウ糖

脳はブドウ糖を唯一のエネルギー源としています。安静時でも1日120g、1時間に5gものブドウ糖を消費し、足りなくなると思考力や記憶力が落ちると言われています。ドライブ中も疲れて集中力が欠けてきたなと感じたときにブドウ糖を補給すると、脳が回復し安全運転につながります。
出典:ブドウ糖でエナジーチャージ! ドライブで疲れたらラムネ食え!|日刊カーセンサー

含まれている食品
米やパン、麺類、栄養ドリンクなどの飲料、チョコレート(カカオ豆)

DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(イコサペンタエン酸)

EPAは1960年代にその働きが発見されて以来、血液の性状を健康に保ち、特に血栓ができにくくしたり、高脂血症を予防する結果、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防するという働きがあるということが世界中の医学者によって研究され続けてきました。EPAに血液サラサラ効果があると言われるのは、そのような効果が認められているからでしょう。
DHAは1980年代の後半に脳や網膜などの神経系に豊富に含まれている栄養素であることが話題となり、DHAを食べると「頭の働きがよくなるのでは?」といった分かりやすいフレーズで一躍有名になりました。
出典:EPAとDHAの違いは?|サラサラ生活向上委員会

DHAとEPAを合わせて1日の理想的な摂取量は1g~1.5gと言われています。DHAは脂質の多い魚に多く含まれていて、天然のニシンやイワシ、サバ、サケに多く含まれています。この魚に含まれるDHAは、藻類によるものです。食物連鎖で魚の体内にEPAやDHAを含む藻類を餌にしているため、魚にEPAやDHAが豊富に含まれいるのです。

たとえば、1日の理想的な摂取量1g~1.5gは、トロマグロならば2〜3切れ、秋刀魚なら1魚、サバの水煮缶なら190gを食べると摂取できます。

ベジタリアンなど魚を食べることが少ない方は、藻類DHAのサプリメントから摂取することをオススメします。

含まれている食品
マグロ、イワシ、秋刀魚、サケ、サバなどの魚類

豆知識-オイルを含む藻類の可能性-

ラビリンチュラ類は、亜熱帯から熱帯にわたるマングローブ域に豊富に分布することが知られています。ラビリンチュラ類の捕食は食作用によらない細胞外消化吸収です。細菌類や真菌類、水棲の多細胞植物などを細胞表面で消化し、吸収した栄養分は細胞内に油滴として蓄積されていきます。そしてラビリンチュラ類の細胞内主要PUFAは、どれも大変高いDHA値となっています。このような藻があるからこそ、魚の脂肪もDHAが多くなるというわけです
出典:DHAは魚ではなく、藻類から産生される|ボタニカルニュートリション研究会

今、藻類のオイルは、バイオマス燃料として注目集めています。バイオマスとは、生物資源(bio)の量(mass)を表した言葉で、再生可能な有機性資源(化石資源を除いたもの)のことです。

25〜35億年前に光合成をして初めて酸素を作り出したのは藻類でした。二酸化炭素を固定できる藻、オイルを作れる藻の存在は、我々人類の生存に欠かせなくなってくるかもしれません。

カフェイン

コーヒーを飲むことで勉強に対する集中力が向上するということが分かっています。これはコーヒーに含まれているカフェインの成分が、脳の中枢神経を刺激するために集中力が向上するのです。
実際にタフト大学ではカフェインの摂取の有無で被験者数十人に対して、誤字脱字のミスを見つけてもらう実験を行いました。その結果、カフェインを摂取した人の方がカフェインを摂取していない人よりもより集中して好成績を残すことができたそうです。
引用:コーヒーが勉強に効果的!集中力と記憶力を高めて効率的に勉強|hackcoffeebeans

含まれている食品
コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココア(カカオ豆)、栄養ドリンクなどの飲料、チョコレート(カカオ豆)

RELATED ARTICLE