アロマテラピーの目的とは?本物の精油と合成香料の違いは?

アロマテラピー

香りによるリラックス効果やリフレッシュ効果が注目されるアロマテラピー。アロマテラピーというと癒しの効果がありそうと連想されることが多いですが。アロマテラピーは身体や肌への効果もあります。今回は、アロマテラピーの目的や効果、本物の精油と合成香料の違いなどのアロマテラピーの基礎知識をご紹介します。

アロマテラピーとは

「アロマテラピー」と聞くと、みなさんはどんなものを思い浮かべますか?
花の香り?香りで癒されること?ムード作りに使うものでしょ?など、様々なのではないでしょうか。

日本のアロマテラピー普及に関する公益法人であるAEAJ(日本アロマ環境協会)は、アロマテラピーの定義について下記のように定めています。

アロマテラピーは、植物から抽出した香り成分である「精油(エッセンシャルオイル)」を使って、美と健康に役立てていく自然療法です。

アロマテラピーの目的

  • 心と身体のリラックスやリフレッシュを促す
  • 心と身体の健康を保ち、豊かな毎日を過ごす
  • 心と身体のバランスを整え、本来の美しさを引き出す

アロマテラピーとは、植物の香りを使って心と身体を健康に美しく保つための、古代から培われてきた生活の知恵なのです。

癒しだけじゃない!アロマテラピーの効果

アロマテラピーというと、リラックスやリフレッシュなど香りによる癒し効果がよく知られていますが、他にもたくさんの効果があります。

心への効果

  • ストレスを緩和する
  • 眠りの質を改善する
  • 不安を和らげる
  • 集中力を高める

 

身体への効果

  • 血流を促進する
  • 花粉症や鼻詰まりを改善する
  • 免疫力を高める
  • ホルモンバランスを調整する
  • 肩こりや筋肉痛の改善

 

肌への効果

  • 皮脂のバランスを調整する
  • 乾燥対策
  • ニキビのケア
  • エイジングケア

※肌への効果は、精油を含む化粧品やトリートメントオイルを使用した場合の効果です。原液を肌に塗ることは基本的にはできません。

どんな精油を選ぶかにより、期待できる効果は異なりますが、アロマテラピーには様々なメリットがあります。

ただし、精油は医薬品ではありません。
あくまでも、家庭で使う場合には、自分や家族の健康を守るために使うもの。
特にアレルギーや持病がある場合は、主治医に相談してから使用することをおすすめします。

本物の精油と合成香料の違い

アロマテラピーで使われる精油と合成香料の違いが分からない、という方も多いかと思います。
どちらも良い香りならば、どちらでも良いのでは?と思うかもしれません。
しかし、精油と合成香料では、成分の組成という面でも、期待できる効果という面でも、全く異なるものです。

天然の精油

天然の植物などから水蒸気蒸留や圧搾などの手段によって抽出されます。化学的に見ると、香りの元となる単一成分のみならず、複雑な混合物です。

天然の精油のメリットは、心身へ働きかける作用があることです。
完全に科学的メカニズムは解明されていませんが、精油は鼻から嗅いだ香り成分が自律神経やホルモンバランスを司る視床下部を刺激し、自律神経やホルモンバランスを調整する作用があることが分かっています。
また、呼吸により肺に吸収した成分が血液にのって全身へ運ばれます。
皮膚から吸収した成分も毛細血管に入り込み、血液にのって全身へ運ばれます。

合成香料

合成香料は、人工的に精製・製造された香料のことです。
石油系原料を元に化学的に合成して作られます。
その他、植物や動物から作られた場合も、合成香料となるものがあります。香りの元となる単一の成分を取り出して合成されたものや、石油系原料と組み合わせて合成されたものは、合成香料です。

合成香料と天然の精油のメリットとメリットは?

合成香料のメリットは、同じ香りを安定的に安く供給できることです。
また、香り成分のみを取り出したものなので、香りが比較的長く持続します。

合成香料は天然の精油と違い、人間が香りを感じる元となる単一の成分を取り出して合成されているため、天然の精油を用いるアロマテラピーのような効果は期待できません。
健康や美容に役立てることができるのは、天然の精油ならではの大きなメリットです。

一方で、天然の精油のデメリットもあります。
安定して同じ香りを供給することが難しいことと、価格が高いことです。
同じ種類の植物から同じ方法で精油を抽出しても、自然のものなので完全に同じにならず、香りに多少のブレが出てきます。
また、抽出できる量が少ないため、植物にもよりますが、大変高価なものもあり、ローズやジャスミンなどは1mlで1万円近くすることもあります。

どちらが良いということはできませんが、それぞれのメリットがあることを知っていただければと思います。

安全性について

よくある誤解が、「アロマテラピーは天然の精油を使うので安全で、合成香料は危険」といったものです。
自然のものが全て安全ということは、ありません。
特定の精油に対してアレルギーがあったり、精油全般的に受け付けない体質という方もいます。

また、使い方を間違えれば、肌荒れや健康被害にも繋がりかねません。

初心者は、アロマディフューザーを使った簡単な芳香浴や、ハンカチに精油をつけて香りを楽しむこと、精油を香りづけに使った市販の化粧品などから始めることをおすすめします。
アロマを手軽に楽しむ!明日からできるアロマテラピー」で初心者向けの楽しみ方はまとめていますので、ご参考にしてください。

アロマテラピーは、美容や健康にも役立てることができます。少しずつ学んでステップアップしながら香りを楽しんで、生活を豊かにしていきたいですね。

RELATED ARTICLE

シリアル
読む

低GIって一体何がいいの?ダイエットに効果的なの?

烏龍茶
読む

ダイエットにも効果的?!ウーロン茶の効能を知って美しく健康なカラダを手に入れよう

ファットローリング
読む

最近話題のファットローディング!その魅力とデメリットは?

読む

秋バテ注意!夏の疲れを溜めない方法&秋バテ予防にオススメの食材

岩牡蠣
読む

栄養の宝庫!牡蠣のエキスを残らず食べ尽くすには?

チアシード
読む

チアシードの効能とは?を摂取する5つのメリット

蓮根
読む

栄養豊富なレンコンの効果効能

ビワ
読む

ビワの葉エキスの効能と作り方

希少糖
読む

ダイエット効果がある!?希少糖とは何?

グルテンフリー
読む

グルテンって体に悪いの?グルテンフリーの基礎知識

ズッキーニ
読む

夏が旬の野菜「ズッキーニ」ってどんな野菜?レシピも紹介

インフォフォームチョイス
読む

インフォームドチョイスの知識はアスリートにとって必須科目です

アカモク
読む

注目のスーパーフード「アカモク」という海藻とは

ワインの健康効果
読む

女性にオススメの美容効果も!ワインの健康効果とは?

読む

アレルギーの子どもも食べられる?!栄養のある食材とレシピ4選

ノニ
読む

美容に、健康に、驚きの栄養価!奇跡のフルーツ「ノニ」 

読む

民間薬のユキノシタの驚くべき効果効能とは

明日葉
読む

女性に嬉しい効果満載!アシタバ(明日葉)のアンチエイジング効果とは?

アレルギー
読む

乳アレルギーでも食べられるチョコレートと注意点

ウェルネスフードアワード
読む

食品・健康食品産業に貢献した素材・食材は?ウェルネスフードアワード各賞発表