ところで原料って何? 原料ってどんな意味?

原料 を知りつくた原一家の長女、大原料子の挨拶

皆様こんにちは。原一家の長女、大原料子です。
私がまだ10代だったころ御先祖さまが夢枕にあらわれまして、原料の大事さを語ったんです。
それ以来、原料が気になりまして、製品見ては原料は何かと調べるようになりました。
私が得た知識を、皆様にも知っていただきたく、原料についての説明をさせていただきます。
材料

原料と材料の違い

原料と材料はどう違うのか、私が最初に持った疑問でした。どちらも製品を作るために使われる物です。完成した時に原形をとどめているのが材料、原型をとどめていないのが原料です。大豆を例にとりますと、完成品が豆腐や醤油だったら、原料ですが、煮豆なら材料です。つまり、用途によって材料か原料に分かれるのです。明確に分けられないこともありますので、原材料といういい方が良くされます。

成分と原料の違い

成分というのは、化合物や混合物などを構成している元素や純物質のことを指します。
豆腐で説明しますと、原料は大豆です。その大豆に含まれているタンパク質、脂質、アミノ酸などといったものが成分です。その成分によって豆腐の栄養価が評価されているのです。

原料メーカーの役割

原料は物の基盤となるものです。製品として出回ることはほぼありません。
原料メーカーはグローバルな視点で原料を調達し、成分研究をし、原料が有する情報を把握します。原料の構造や現象を理解し、製品メーカーに託します。
例として大豆をとりあげますが、大豆の産地が何処で、収穫期がいつで、成分は何アレルギー物質、遺伝子組み換えの有無、という具合にその大豆が持つ情報をすべて把握した上で世の中に出すのが、原料メーカーの役割です。

材料
私の説明で原料をご理解いただけましたでしょうか。原料は商品に記載されています。その原料が自分たちの健康や美容にどういう効果をもたらしているのか、考えてみるのもいいかと存じます。

RELATED ARTICLE