原一家「きゅうりやナスって栄養がないの?の巻」〜夏野菜のキュウリやナスを楽しむ〜

原料・成分
効果・効能
おっ、モロきゅうか。
料一
万里子
おじいちゃんの畑で採れたのよ。こっちはぬか漬け。
料菜
うわー、おいしそう。
万里子
料菜、手づかみで行儀悪い!
料菜
お新香ってさ、つまみ食いがやけに美味しいのよね。うん、キュウリも茄子も美味しい。でも、キュウリも茄子も、栄養がまるでないのよね。
そうなのか?
料一
料菜
ネットで見た。どっちも、92%も水分なんだって。キュウリなんか世界で一番栄養価の低い食べ物なんだって。
それは、間違いよ。
料子
俺はいま、水を飲んでるってわけか。
料一
飲むときの水分補給って体にいいんだからいいじゃない?!それに、栄養価がまるでないわけじゃないのよ。カロリーが低いというだけ。キュウリは100gあたり14kcalしかないの。ナスは22kcalと、やっぱり低いのよね。
料子

きゅうりとなすの栄養成分

キュウリの栄養成分

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンK、葉酸、食物繊維などいろいろな栄養成分がふくまれていますが、一つ一つはそれほど多く含まれているわけではありません。

ホスホリパーゼ 最近発見された酵素です。この酵素は脂肪を分解する作用があり、ダイエット効果が期待されています。

茄子の栄養成分

ナスニン(ポリフェノール)皮の部分に含まれているアントシアニン系の色素で、眼精疲労の緩和に効果があります。
強い抗酸化力があり、動脈硬化生活習慣病の予防効果があります。

ね、ナスもキュウリも栄養がないわけではないの。それに、夏が旬というだけあって、体の熱を外に出す働きがあるのよ。夏バテ防止にもなるのよ。
料子
万里子
夏バテ防止にダイエット。ナスは焼いても炒めても揚げてもいいからねー。
ちょっと待って。ナスは出来るだけ皮も食べなきゃ。ポリフェノールは皮にあるんだから。それに、カリウムは熱に弱いのよ。体を冷やしたくないときは、熱を通したした方がいいんだって。
料子
料菜
冷房で冷えたときなんか、麻婆茄子最高じゃん。
体が求めるものが、おいしいものだと、父さんは思うから、美味しく食べられるのが一番。冷えたもろきゅうが、今日は最高にうまい。あと、たたききゅうり、それと、お母さんがちょこちょこっと作るキュウリとナスを合わせたやつ。あれも好きだな。
料一
万里子
今作りましょうか?
おう。
料一

万里子さんの簡単レシピ

材料

  • キュウリ1本
  • ナス1本
  • しょうが1/2

手順

  1. キュウリは薄い輪切りにして塩もみします。
  2. ナスは薄い半月切りにして塩もみします。
  3. ナスもキュウリも塩を流して水気をしぼります。
  4. 生姜を千切りにして、ナス、キュウリ、しょうがを混ぜ合わせます。
  5. 少量の醤油で味付けして出来上がり。
  6. 小鉢に盛って箸休めにどうぞ。

まとめ

キュウリもナスも、今は年中スーパーでうっていますが、安くなる旬の時期に食べたいですね。これと言って主張できるほどの栄養価はないかもしれませんが、食卓にはかかせません。
ダイエットをしているなら、食前きゅうりなんかもいいですね。

RELATED ARTICLE