原さん一家「季節の変わり目の巻」〜季節の変わり目と体調の変化〜

季節の変わり目
効果・効能
万里子
あら、おじいちゃん。日課のお散歩ですか?お祖母ちゃんは?
頭痛がするっていうから、一人で行くことにした!
料造
万里子
おばあちゃん、どうしたのかしら。
あの人、春先にはたまにあるんだよ。昼頃には治るよ。じゃあ、行ってきます!
料造
万里子
あ、おじいちゃん。今日は昨日とちがって、寒いですから、厚手のブルゾンを羽織って行った方が。
そうか?そううだな。三寒四温というけれど、こうも気温の変化が激しいと、年寄は体がついていかんよ。
料造
万里子
無理しないで、たまには散歩休んでも。
普段と違うことすると、余計調子が狂うから!
料造
万里子
そうですね。気を付けて!
おう!
料造
あれで、80歳なんだから、元気よね。矍鑠としているって、あの人のことよね。
私も一緒に行けばいいんだろうけど、なんだかねえ。
千代
万里子
大丈夫ですか?
こんな花冷えの日はテンションダダ下がり。頭も体も重くて、年なのかね、やっぱり。
千代
万里子
若くても、こんな日は、すっきりしませんよ。私もさっきから、洗濯や掃除しなきゃ、とは思ってるんですけどねー。
分かるわ。まあ、洗濯なんて、したところで乾きはしないんだから、いいんじゃない。あーあ、気候や天気ってこんなに気分や体に作用するのね。
千代
料子
あ母さん、いる?私、午後から出かけなきゃいけなくて、料君預かってくれないかな。
万里子
いいけど。あらら、料君、鼻水ですねー。
料子
そうなのよ。風邪ひかせちゃって。
万里子
あんたねえ、赤ちゃんは、自分で体温調節はできないの。こんな季節の変わり目には、こまめに、着せたり脱がしたりしなきゃいけないの!
料子
分かってたんだけど、つい…。で、今病院いったらさ、待合室が満員なの。回れ 右して帰って来ちゃった。
やっぱり、体調崩す人が多いんだよ。この時期はやっかいだね。なんでこうなるんだろう。
千代

季節の変わり目に体調不良を起こす理由

気圧の変動

冬から春へと季節が移るときは、低気圧と高気圧が頻繁に入れ替わります。
気圧が健康に及ぼす影響は、普段、エレベーターの中やトンネルにはいったときなどに経験してると思います。あの耳がキーンとした状態です。

気圧の変動は内耳が敏感に感知し、バランスを司る三半規管に影響し、めまいや気分の悪さを引き起こします。

寒暖差

寒暖差も大きくなります。日中は初夏の温かさだったのに、夕方から急に冷え込んだりします。
一日のうち、10℃も気温が違ったりします。
その寒暖差に対応するために、交感神経が優位に働きます。交感神経が優位な状態が続くと、エネルギーの消費量が増えて、疲れや体のだるさとなって現れます。

私たちの身体は「頑張れ、頑張れ」と言い続ける交感神経と、リラックスさせる副交感神経がバランスをとって、コントロールされています。しかし、交感神経優位になると、バランスが崩れ、自律神経が乱れます。それが、精神的な落ち込みや体調不良を招くことになります。

やっぱり、あれかねえ。
千代
万里子
そうですよ。きっと。
料子
え、あれで通じるの?何?
睡眠
千代
万里子
食事
料子
合ってないじゃん。正しいけど

季節の変わり目の体調不良の対処法

自律神経を整えるには、やはり、良質の睡眠と規則正しい食事です。

Point1:良質の睡眠

副交感神経は眠っている時やリラックスしている時にはたらき、心身を休めて回復を 図ります。良質の睡眠をとるためには、下記の事項を注意しましょう。

  1. 温めのお湯(38℃~40℃)にゆったりつかる。
  2. カフェインの摂取をやめる
  3. 寝る前のアルコール摂取はしない
  4. 適度に体を動かす

Point2:食事

バランスの取れた規則正しい食事をすることが大事ですが、特にビタミンB群は、神経の働きを正常に保つ作用があります。
ナッツ類・うなぎ・かつお・豚肉・レバーのビタミンB群とワカメや昆布に含まれるマグネシウムを一緒に摂ると効果的です。

やっぱりねー。おじいさんが心配だから、追っかけてみるわ。
千代
万里子
私は掃除と孫の面倒
料子
あとは、着る物で体温調節ね。実際これが難しいのよね、この季節。何を着てでかけたらいいのか。

RELATED ARTICLE