原さん一家「忘年会シーズンのお酒が残る…の巻」〜アルコールを早く分解して乗り切る方法は?〜 

忘年会シーズン
原料・成分
効果・効能

忘年会シーズンはどうしてもお酒を飲みにいく回数が増えますよね?職場や同僚、上司、部下と、取引先と、昔の職場の付き合いや友人などと一年間の苦労を忘れるために忘年会が行われます。お酒を飲む機会が増えると、体の調子を崩したり、二日酔いで次の日が使いものにならなかったり…なんてことも。
お酒を飲んでも二日酔いにならないで、楽しく飲むにはどうしたらいいでしょうか。
今回は、忘年会を楽しく乗り切るお酒の飲み方と食べ合わせを紹介します。

忘年会シーズン突入のサラリーマン…楽しく飲むにはどうする?

料一
おーい、今帰ったぞー!
お父さん、酒くさい!あれ、義兄さんも。
料菜
優一
こんばんわ。
料一
電車でいっしょになったから、飲みなおそうと思って連れてきた。
優一さん、悪いわね。送ってもらって。
万里子
そうなの?お母さんて、凄い。なんで分かるの?
料菜
この時期はね、お父さん終点まで乗り過ごしたり大変なの。
万里子
料一
おい、ビールは?
はいはい。
万里子
すいませんが、お茶、頂けますか。
優一
柿の葉茶があるんだけど、どう?アルコールの分解を助ける作用があるって、この間料子が持ってきたの。
万里子

優一
いいですね。
お父さんも柿の葉茶にしなよ。だいたいこの頃、疲れた疲れたっていってるんだから。
料菜
優一
本当に12月は疲れますよね。忘年会、忘年会で
料一
まったくだ。どっかの調査なんだけどね、忘年会シーズンは、会社員の6割は体調不良なんだって。体がだるいとか、肩が凝るとか、眠いとか…
優一
だからね、お義父さん、僕は今年から飲み方を変えたんです。元気で楽しく飲むための決まりを作ったんです。というか、料子に言われたんですけどね。
料一
そんな、女房に言われたこと守って飲んでもつまんないだろう。
優一
いや、これが意外といいんですよ。お酒は楽しく飲まなきゃ、お酒に申し訳ないですよ。
料一
そりゃそうだ。
優一
お義父さんも、やってみませんか?

二日酔い対策にはお酒の飲み方が重要!忘年会を楽しく乗り切る方法

飲酒前

空腹では飲まない

空腹のままお酒を飲むとアルコールの吸収が早まり、血中アルコール濃度が高くなります。それは二日酔いや気分が悪くなる原因となります。

脂肪を摂取しておく

牛乳を飲むという方法もありますが、牛乳にはそれほど脂肪分は含まれていません。脂肪は血中にアルコールが回る速度を遅らせます。
ドレッシングのかかったサラダでもいいですが、私のおすすめはオリーブオイルを一口飲むことです。クルミやナッツ類を食べるのもありです。

飲酒中

  • 枝豆、とうふ、納豆などの良質のたんぱく質をとる
    良質のたんぱく質はアルコールの分解処理を高めてくれます
  • 水分をとる
    アルコールの分解には大量の水分と糖分を消費し、脱水状態にな
    ります。血中のアルコール濃度を下げるためにも水分補給をする
  • 揚げ物などの脂っぽい食べ物は避ける
    肝臓や心臓に負担がかかるからです

飲酒後

  • ミカンジュース、グレープフルーツジュースをのむ
    クエン酸やビタミンCがアルコールの分解を助け、水分と同時に果糖も摂取できます
  • しっかり睡眠をとる
    アルコールは眠りを浅くします。できたら就寝の3時間くらい前
    には飲酒は切り上げたいですね。
料一
うーん、そうか。これで忘年会が苦痛にならないんだったら、やってみるか。いや、深酒はしないようにはしてるんだが、ついつい調子にのっちゃうからなあ。よし、心がけよう。酒は楽しく適量に、だな。

RELATED ARTICLE