驚くべき米糠(コメヌカ)の美容効果と米糠美容の方法

コメヌカ

米ぬかは、玄米の外側の部分で、精米して白米にするときにできる茶色い粉末のことです。
栄養素がたっぷりでビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含んでおり、食べるのはもちろん、捨ててしまうのは勿体ないと、昔から色々な方法で活用されてきました。
床や柱を磨いたり、家庭菜園の肥料にしたり。肌をきれいに保つことで今でいう石鹸の役割もしてきたコメヌカ。

ここでは、コメヌカの美容成分や、美容法の実践方法をご紹介していきます。

米糠(コメヌカ)に含まれる美容成分

コメヌカには、多くの素晴らしい栄養素や天然成分が含まれています。

美容に良い成分5つ

ビタミンE

アンチエイジングに効果的な、抗酸化作用が高く、免疫を高めるのにも役立ちます。
また、毛細血管を拡張してくれる効果があり、お肌のすみずみまで血液を行き渡らせ肌荒れを解消してくれます。

ビタミンB群

コメヌカには、ビタミンB群が豊富に含まれています。
ビタミンB群は美肌のビタミンとも呼ばれ、肌のスムーズな代謝には欠かせない成分です。
肌の代謝が乱れると表面が硬くなるため紫外線によるダメージが肌の内側に閉じ込められやすくなります。

ビタミンBは、そんな肌の代謝を整え古くなった角質の排出を促してくれます。

フェルラ酸

体内で発生する活性酸を抑える働きがありシミやくすみの元となるメラニンの生成を防いでくれ、美白効果が期待されます。

また、紫外線の吸収を抑える働きもあるため、日焼け止めの成分としても用いられています。

オリザブラン

保湿成分に大変が優れている成分です。
水分の蒸発を防ぎ、肌の潤いを保つのに効果を発揮します。

乾燥を防ぎ、潤いを保つことで乾燥による原因の肌トラブルの改善や予防に繋がります。

r‐オリザノール

コメヌカにはおよそ20%の油分が含まれていますがそれを抽出したものr‐オリザノールです。

紫外線を防いでくれる効果があり光老化からお肌を守ってくれる働きがあります。
更には、血行促進作用もあり肌の代謝を上げターンオーバーを正常化し健やかな美肌へと導いてくれます。

カルシウム

新しい皮膚細胞が作られるときにカルシウムが必要とされています。
新陳代謝を促し、肌細胞にある保湿成分を活性化させる働きがあります。

不足すると水分が外に逃げてしまい、シワや乾燥の原因につながります。

「コメヌカスフィンゴ糖脂質」とは

コメヌカには、美肌に有効な成分がたくさん含まれていますが、特に優れているのが、セラミドという成分です。

「米ぬかセラミド」と呼ばれるコメヌカスフィンゴ糖脂質は、人の角質の中で肌を外敵から守っているセラミドと同じ働きをします。

セラミドとは、皮膚の最上部にある角質層に多く存在する脂質で、外部からの刺激から肌を守っています。このセラミドは年齢と共に減少します。

また、荒れている肌やアトピー性皮膚炎はセラミドの質量が低下している状態です。美しい肌を維持するためにセラミドを上手に補うことが重要です。

セラミドの具体的な役割

  • 水分の蒸発を防ぎ水分保持の働き
  • 角質層を膜状に包み、つなぎ合わせるセメントの接着作用
  • 空気中の汚れや埃、花粉や雑菌などが肌へ侵入するのを防ぐバリア機能の働き
  • 荒れた肌の修復機能

 

コメヌカ美容の方法

コメヌカを使った洗顔やパックの方法についてご紹介します。

洗顔

週に2~3回程度がオススメです。
コメヌカ洗顔には、角質除去のスクラブのような働きがあります。

① コメヌカを小さじ2~3杯くらい手に取り、少量のぬるま湯と混ぜ合わせやわらかいペースト状にします

② ①を顔全体に伸ばし、指の腹で丁寧にマッサージします。
この際、こすりすぎると肌を傷つけるので注意しましょう。

③ ぬるま湯で洗い流し、タオルでやさしく拭き取ります。

パック

コメヌカを使ったパックは、週1回のスペシャルケアに

  1. 米ぬか2:米粉または小割麦粉1の割合で混ぜ合わせます。
  2. 1にぬるま湯を少しずつ加えてペースト状にします。
  3. 顔全体に丁寧に伸ばし、20分ほどそのまま置きます。
  4. ぬるま湯で洗い流してタオルで拭き取ります。

コメヌカ袋を使用する方法

肌がデリケートな方は、ぬか袋を使った方法がオススメです。

  1. オーガニックコットンまたはガーゼやハンカチの布で袋を作る
  2. 袋の中に大さじ3~4杯くらいの米ぬかを入れて紐などで口をしばる
  3. ぬか袋にお湯を含ませて中から白い液がしみ出てきたら優しくなでる

※一度使用したぬか袋は中身を捨て新しいぬかを入れて使って下さい。

コメヌカ入浴剤

1回分の材料

  • コメヌカ 大さじ2
  • 日本酒 大さじ2

手順

  1. コメヌカと日本酒をお椀などに入れてよく混ぜます。
  2. ドロドロになったら出来あがり。ゆるすぎたらコメヌカをプラスして下さい。粘り気があり過ぎるときは日本酒を足してください。お好みで量を調節して頂いてOK
  3. 湯船にお湯をはり、適温になったらコメヌカ入浴剤を入れてよく溶かして下さい。

 

美容用に使うコメヌカは、「生ぬか」と「炒りぬか」です。
糠床用のコメヌカには塩分が含まれているので、使わないようにしましょう。

スーパーなどで購入できますが、お肌に直接つけるものなので必ずオーガニックのものを選んでくださいね。
コメヌカ美容をぜひ取り入れてみてください

RELATED ARTICLE

秋の肌
読む

肌老化の秋!秋の枯れ肌対策とは

海藻
読む

ミネラルたっぷり?!美容の強い味方になる海藻の種類と特徴

プルーン
読む

美容フルーツ「プルーン」に期待できる7つの美容効果

大人ニキビ
読む

大人ニキビのできる場所で不調がわかる?!大人ニキビ場所別の原因

大人ニキビ
読む

思春期ニキビとは違う!大人ニキビの原因と対策

ぶどう
読む

綺麗になれる!ブドウの美肌効果

クレイパック
読む

小鼻の黒ずみに効果的!原料クレイの魅力

ワインの健康効果
読む

女性にオススメの美容効果も!ワインの健康効果とは?

ノニ
読む

美容に、健康に、驚きの栄養価!奇跡のフルーツ「ノニ」 

化粧崩れ
読む

夏の化粧崩れを防ぐ?!6つのスキンケア対策

明日葉
読む

女性に嬉しい効果満載!アシタバ(明日葉)のアンチエイジング効果とは?

毛穴
読む

毛穴レスなお肌へ!夏の5つの毛穴対策のポイント

紫外線
読む

春から夏が紫外線のピーク?!日焼け止め成分と選び方

紫外線
読む

内側からの紫外線ケア!紫外線ダメージから体を守る食べ物

光老化
読む

ストップ光老化!正しい7つの紫外線対策

スパイス
読む

美容法にかかせないスパイス6つ

梅干し
読む

梅干しの6つの美容と健康効果と梅干しの食べ方

読む

スプラウトの基礎知識!種類・栄養・食べ方について

夏のスキンケア
読む

エステティシャンおすすめ!夏のスキンケア方法7選

インナードライ
読む

梅雨のインナードライになる5つの原因と対策