毛穴レスなお肌へ!夏の5つの毛穴対策のポイント

毛穴

高温多湿な夏は、皮脂の分泌が盛んになりテカリやベタツキを感じやすく毛穴にくっついている皮脂線が活発になり、毛穴は開きっぱなしに。

加えて紫外線や室内環境の影響により、紫外線から肌を守るため、角質層が厚くなるため、さらに毛穴が目立ちやすくなります。溜まった角質と、過剰な皮脂が毛穴に入り込んで角栓という汚れの塊が更に毛穴を押し広げます。

そんな夏のお肌に見られる毛穴トラブル&改善策をご紹介していきます。

4つの毛穴のトラブル

毛穴といっても、毛穴の種類や原因はさまざまです。
ここでは、毛穴の種類と、それぞれの原因を確認していきましょう。

乾燥毛穴

過度のクレンジングや、オイルクレンジングの使用など間違ったホームケアによりバリア機能が低下し角質層に水分が抱え込む能力が下がり、保湿力がなくなってお肌のキメが乱れ目立つ毛穴。

開き毛穴

過剰な皮脂分泌によって、毛穴が押し広げられている状態の毛穴。
主に保湿不足で、お肌が乾燥し皮脂分泌が過剰にある、脂性乾燥肌の方に多くみられます。
また、生理前などは、皮脂分泌が多く排泄力が低下するためさらに悪化します。

メラニン毛穴

紫外線、摩擦、皮脂の酸化などにより毛穴周りの皮膚に炎症が起こり、シミの元となるメラニンを生成します。色素沈着を起こしており、毛穴シミになっている状態。

つまり毛穴

毛穴に古い角質やお化粧品の残留物、余分な皮脂が溜まり毛穴に詰り角栓が形成され、毛穴に溜まった状態。触るとザラツキも気になります。
うまく排泄されずに毛穴が広がって見え、進行すると酸化し黒ずみの原因に。

この4つの毛穴トラブルが特に夏は気になります。

毛穴を目立ちにくくするには?5つの毛穴対策のポイント

夏の毛穴対策について、説明します。

肌の油分のバランスを整える

夏はべたつくからクリームをつけない、化粧水だけで終わらせてしまうなどのスキンケアをしていませんか?

化粧水だけでは、角層に油分の膜を張っていないので、肌の水分が定着せずに、すぐに蒸発してしまいます。
お肌は、乾燥してくると潤いを取り戻そうとして、更に皮脂分泌をするため毛穴が目立つ状態になります。

お肌に必要な油分が足りていないとこのような現象が起こります。
紫外線やエアコンで乾燥する夏こそ、たっぷりの化粧水とクリームでしっかり保湿することが大切です。

過度な洗顔は控え、やさしく丁寧に

汗や皮脂でべたつく夏のお肌。毛穴の奥までゴッソリ洗いたいためという気持ちになりますよね。
洗顔料でゴシゴシ洗ったり、スクラブ洗顔やピーリングをしたりしたいところですが、お肌に強い刺激を与えると角質層が厚くなり、毛穴が余計に目立ってしまいます。

毛穴に詰まった角栓の成分は、ほとんどが古い角質なのでゴシゴシ洗っても取れません。
洗顔の際には、刺激の少ない合成界面活性剤不使用のミルクタイプの洗顔料で、ぬるま湯を使い丁寧に洗いましょう。

紫外線対策をしっかりと

紫外線を浴びると、お肌はダメージから守ろうとして角質層を厚くします。
角質が厚くなると、毛穴が大きく目立ってしまいます。さらに目立った毛穴は、汚れや皮脂、古い角質などが詰まりやすくなり、お肌のトラブルの原因になることも。

また、紫外線ダメージからお肌が乾燥し、補うために皮脂がどんどん分泌され毛穴が開きっぱなしに。
外出先には、必ず帽子やサングラス、日傘、日焼け止めなどで、十分な対策を。

テカリは優しくティッシュオフ

皮脂によるお肌のテカリを取りたい時には、あぶらとり紙でなくテッシュオフがオススメです。あぶらとり紙では、吸収力が高く必要な皮脂までとってしまい、肌内部の水分まで奪ってしまうことも少なくなしです。
それを補おうとして皮脂分泌が過剰になりさらにテカテカになってしまいます。

その点、ティッシュオフであればお肌に適度な皮脂を残すことができます。

注意点は、お肌をこすったり強く押し当てたりせず、優しく押し当て、表面のベタつきとテカリを抑えるようにしましょう。

ファンデーションの厚塗りはNG

目立つ毛穴を隠そうとしてコンシーラーやファンデーションを重ね塗りすると、余計に毛穴が目立ちます。

さらに、毛穴にはいったファンデーションが皮脂と混ざり合い酸化することで毛穴の黒ずみやニキビなどを引き起こしやすくなります。
メイクはできるだけ薄めに、また、油分が多いリキッドファンデーションなどは控え、メイクが崩れたらティッシュオフとお粉で簡単に直す程度にしておくと良いでしょう。

メイクの油分は、時間がたつほどに皮脂と混ざり合って酸化します。
帰宅したらなるべく早めにメイクを落とすよう心がけましょう。

皮脂分泌が多くなる夏は、毛穴が目立ちやすく、紫外線の影響により肌の角質も厚くなりがちです。メイクや汚れをきちんと落とすこと・しっかり保湿することがポイントです。
正しいお手入れ方法で、夏でも毛穴レスなお肌を目指しましょう!!

RELATED ARTICLE

秋の肌
読む

肌老化の秋!秋の枯れ肌対策とは

海藻
読む

ミネラルたっぷり?!美容の強い味方になる海藻の種類と特徴

コメヌカ
読む

驚くべき米糠(コメヌカ)の美容効果と米糠美容の方法

プルーン
読む

美容フルーツ「プルーン」に期待できる7つの美容効果

大人ニキビ
読む

大人ニキビのできる場所で不調がわかる?!大人ニキビ場所別の原因

大人ニキビ
読む

思春期ニキビとは違う!大人ニキビの原因と対策

ぶどう
読む

綺麗になれる!ブドウの美肌効果

クレイパック
読む

小鼻の黒ずみに効果的!原料クレイの魅力

ワインの健康効果
読む

女性にオススメの美容効果も!ワインの健康効果とは?

ノニ
読む

美容に、健康に、驚きの栄養価!奇跡のフルーツ「ノニ」 

化粧崩れ
読む

夏の化粧崩れを防ぐ?!6つのスキンケア対策

明日葉
読む

女性に嬉しい効果満載!アシタバ(明日葉)のアンチエイジング効果とは?

紫外線
読む

春から夏が紫外線のピーク?!日焼け止め成分と選び方

紫外線
読む

内側からの紫外線ケア!紫外線ダメージから体を守る食べ物

光老化
読む

ストップ光老化!正しい7つの紫外線対策

スパイス
読む

美容法にかかせないスパイス6つ

梅干し
読む

梅干しの6つの美容と健康効果と梅干しの食べ方

読む

スプラウトの基礎知識!種類・栄養・食べ方について

夏のスキンケア
読む

エステティシャンおすすめ!夏のスキンケア方法7選

インナードライ
読む

梅雨のインナードライになる5つの原因と対策