エステティシャンおすすめ!夏のスキンケア方法7選

夏のスキンケア

これからの季節、紫外線による日焼けやエアコンなどによる乾燥、冷えなど、過酷な状況な状況に置かれ、お肌の新陳代謝も下がり、さまざまなトラブルが出やすいです。
今回は、そんな夏のお肌にピッタリなスキンケア方法をご紹介いたします。

夏のお肌にピッタリなスキンケア方法

1.収れん化粧水でパッティング

夏のお肌は大量の汗や皮脂で潤っているように感じますが、実はお肌の内側は乾燥している場合が多く、インナードライの状態に。夏こそ保湿が最も重要です。

乾燥している状態では角質層が水分を抱え込めずに、紫外線も吸収しやすく、シミもできやすくなります。
夏の過酷な環境によってキメが乱れたり、お肌のザラつきや毛穴も目立つちやすくなるため、夏の時期に特にオススメの保湿ケアは、化粧水たっぷりケアです。

ポイントとしては、夏は皮脂や汗などによるテカリが気になるため、収れん作用の高い化粧水を使うことが良いでしょう。
収れん化粧水や美容液は、肌を引き締めながら保湿をして、過剰な皮脂やお肌のベタつきを解消してくれます。

さっぱりしたテクスチャの化粧水や美容液は、夏はより心地よく感じられるでしょう。

収れん作用の成分として最もオススメな成分

  • ビタミンC誘導体
  • アーティチョーク
  • カミツレ
  • どくだみ
  • ハマメリス

収れん作用の高い化粧水の選び方

収れん成分だけでは、お肌が乾燥してしまうこともあるため、必ず保湿成分配合のものを選びましょう。

特に、ヒアルロン酸コラーゲンセラミドが配合されているものを選ぶと良いでしょう。
収れん化粧水でパッティングすると、毛穴が引き締まりキメが整うことで、お化粧崩れの防止や、くすみ解消に効果的です。

パッティング方法

洗顔後、清潔なお肌の状態&保湿ケアをした後のメイク前に行います。

  1. 厚めのコットンに、収れん化粧水を500円硬貨より少し多めに含ませます。
  2. お肌に風を送るようなイメージで軽くお顔全体を、たたくようにパッティングし、お肌がヒンヤリしてきたらOKです。

ポイントとしては、手首を返すように強すぎない力加減で行います。

2. 氷マッサージで冷却美容

お肌を冷却することで、刺激によって血流が良くなり、細胞が活性化
また、毛穴が引き締まり、キメ細かいお肌に。更に、日焼け後の炎症を抑えてくれる効果が期待できます。

洗顔後の清潔なお肌で行いましょう。

  1. タオルやガーゼで氷を包み、軽く押し当てるようにお肌全体をマッサージしましょう。
  2. 仕上げに化粧水→美容液→クリームでしっかり保湿ケアをします。

ポイントは、お肌をゴシゴシ擦ったり刺激を与えるとお肌の角質が傷つくため優しく行います。

3.石鹸で洗顔を

夏場はどうしても皮脂や汗で何度も顔を洗いたくなるもの。
しかし、洗顔フォームなどに含まれる合成界面活性剤には、洗浄力が高いために落とさなくても良い必要な皮脂まで落としてしまうというデメリットがあります。

石鹸は、合成界面活性剤を含む洗顔料に比べると、程良い洗浄力で必要な皮脂は残して落とすべき汚れだけ落としてくれます。

石鹸を使うのは、1日2回にとどめておき、洗い過ぎには十分気をつけましょう。
また、摩擦はお肌にとってNGです。丁寧に手で泡立てて優しく汚れを落としましょう。

天然由来成分の石鹸を選ぶこともポイントです。

オススメの石鹸

  • 純石けん
    合成物質を一切含まず、石鹸素地が98%以上の石鹸を純石けんと言います。
  • 化粧せっけん
    93%以上が石鹸素地(油脂、水酸化ナトリウム)であるものを指します。純石けん以外の化粧石けんには、残りの数%に添加物を含みます。添加物はグリセリンやビタミンEなどの天然成分を選ぶと良いです。
  • 固形石鹸
    脂肪酸カリウムから作られる液体石鹸よりも、脂肪酸ナトリウムから作られる固形石鹸の方が洗浄力があります。固形石鹸の場合、約90%以上が純石鹸分(石鹸素地)であることがほとんどです。

4.クレイパックで角質ケア

夏は、毛穴が詰まりやすく、紫外線からお肌を守るため、角質が厚くなりやすいためゴワつきが気になります。

パックと言えば、シートタイプが一般的ですが、クレイパックに使われる泥はミネラルを豊富に含むものが多く、潤しながら古い角質を除去出来るのです。

クレイパックの効果・効能

  • 高い吸着力を持ち、お肌の毛穴の汚れを吸い取る
  • 微細な泥の粒子が毛穴の奥まで浸透し、洗顔では落としきれない汚れを落とすことができる
  • 古い角質が取れることで、くすみの改善に
  • 肌の引き締めや弾力がアップ

クレイパックの選び方

保存料や鉱物油、乳化剤や着色料などが極力入っていない無添加のものを選びましょう。
余分な成分が配合されていないかしっかり確認してください。
クレイは色々な種類がありますが、海底から採取された泥には、ミネラル分が豊富で無数の穴が汚れをしっかり吸着してくれる作用があるため、毛穴の汚れに悩んでいる方には、オススメです。
お顔だけでなく、汗でニキビができやすいデコルテや背中、二の腕にもオススメのクレイパックです。

5.簡単ツボ押しマッサージで、くすみ改善

エアコンで血流が悪くなり、お肌のくすみが気になったら簡単ツボ押しマッサージで凝り固まった筋肉をほぐして血流とリンパの流れを整えてくすみを解消しましょう。
特に、ジェルなどつけなくでも出来ますので、メイク前などに簡単にできます。

  1. かぎ型にした指の第二関節でツボ押しします
  2. 目の下、小鼻の横、頬骨の下、耳の下などが効果的です。推して気持ちいいと感じる程度の力で行いましょう。

最近では、美顔ローラーかっさなども数多くありますが、ご自身で直接触れることで、知らず知らずの内に凝り固まっている筋肉の部分や、たるみなどに気が付くことが出来るので、ご自身のお肌とぜひ向き合ってみてください。

6.荒れやすい唇にはちみつパック

以外と、夏場でも唇の皮が剥けたり、乾燥して立てシワが入る、カサカサになるなどのトラブルも多いもの。
また、冷えから血色も悪くなり、くすんだ印象の唇に。

  1. リップや口紅を落とした清潔な唇に、はちみつを指で少したっぷり目にのせます。
  2. そのまま、ラップで上から保湿します。3~5分程度置いたらプルプルリップの完成です。唇にはちみつが馴染んでいるので、人差指でクルクルマッサージするようにしてあげると、更に効果的です。

はちみつはビタミンEが豊富なため、血行促進・保湿効果が抜群です。

7.パウダーメイクで美白を守る

日焼け止めはお肌に負担がかかるため、オススメしたいのがパウダーファンデーションや白粉(おしろい)です。
パウダーファンデーションや白粉には、紫外線を防ぐ効果があります。
いろいろなメーカーのものがあるので一概には言えませんが、きちんと塗ればSPF20位の効果が出るものが多いです。

粉類は、お肌にのせても中に吸収されるわけではないので、かぶれなどは起こしにくく、毎日塗ってもお肌への負担は少ないです。

日々の外出が2時間以下の方であれば、ファンデーションや白粉だけで十分です。
あまりメイクをしたくない方は白粉(ルースパウダーやフィニッシュパウダーなどの名で売っています)であまり色がつかないものを使用すると良いでしょう。

シミは、頬骨の高い部分から真っ先に出来ることが多いため、この部分に若干厚めにパウダーをのせるようにすると良いでしょう。

夏のスキンケア方法7選まとめ

いかがでしたか?
どれも、簡単に出来る、夏にオススメのスキンケア7選をご紹介しました。
ちょっとしたひと手間で、美肌を手に入れることができます。
ぜひ参考にしてみてください。

RELATED ARTICLE

秋の肌
読む

肌老化の秋!秋の枯れ肌対策とは

海藻
読む

ミネラルたっぷり?!美容の強い味方になる海藻の種類と特徴

コメヌカ
読む

驚くべき米糠(コメヌカ)の美容効果と米糠美容の方法

プルーン
読む

美容フルーツ「プルーン」に期待できる7つの美容効果

大人ニキビ
読む

大人ニキビのできる場所で不調がわかる?!大人ニキビ場所別の原因

大人ニキビ
読む

思春期ニキビとは違う!大人ニキビの原因と対策

ぶどう
読む

綺麗になれる!ブドウの美肌効果

クレイパック
読む

小鼻の黒ずみに効果的!原料クレイの魅力

ワインの健康効果
読む

女性にオススメの美容効果も!ワインの健康効果とは?

ノニ
読む

美容に、健康に、驚きの栄養価!奇跡のフルーツ「ノニ」 

化粧崩れ
読む

夏の化粧崩れを防ぐ?!6つのスキンケア対策

明日葉
読む

女性に嬉しい効果満載!アシタバ(明日葉)のアンチエイジング効果とは?

毛穴
読む

毛穴レスなお肌へ!夏の5つの毛穴対策のポイント

紫外線
読む

春から夏が紫外線のピーク?!日焼け止め成分と選び方

紫外線
読む

内側からの紫外線ケア!紫外線ダメージから体を守る食べ物

光老化
読む

ストップ光老化!正しい7つの紫外線対策

スパイス
読む

美容法にかかせないスパイス6つ

梅干し
読む

梅干しの6つの美容と健康効果と梅干しの食べ方

読む

スプラウトの基礎知識!種類・栄養・食べ方について

インナードライ
読む

梅雨のインナードライになる5つの原因と対策